hidelog Z
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007/12/16(日) 22:56 おもった、かんがえた事
下手な運転に見る負のシナジー効果
 注意
この記事は7年半にわたって蓄積した筆者の不満が爆裂しており、長い文章になってしまうかもしれません。読みたい方はどうぞ。




車の運転が下手な奴が多すぎる。

僕は高校生になった春から毎日10キロの道を自転車で移動する自転車生活を続けていて、単純計算でも現在で2万7千キロを走ったことになる。地球一周4万キロで計算して、日本を出発して裏側のサンパウロを過ぎて日本への折り返し地点の後しばらくたったくらいだ。

そんな僕が常々思っているのだから間違いない。


たとえば、こんな道でイライラさせられることがよくある。

下手な運転の絵small

大通りに沿って一本奥まった小道を自転車が走っている。
自転車は大通りと直交する道にぶつかり、それを直進して渡ろうとしているとしよう。
大通りの交差点にある信号は赤で図の車は早く交差点へ着いてもただ待つだけという状況。
自転車の速度と車の速度は、そのままだったらちょうどぶつかるくらいの速度だとした場合を想像してほしい。



こういった場合、理想としては車は小道と交わる交差点までにスピードを緩めるか何かして自転車を通してから大通りへの交差点へ向かうのが良い。

ところが実際には多くの場合、スピードを緩めずそのまま進む馬鹿な車の運転手のために自転車は車の通過を待たされることになるでしょう。

信号が青なら何も文句はないですが、赤信号に向かってそんなに急いで彼らは何をしたいんでしょう?
律速段階になっているのは信号なわけで、次に彼らがスタートを切れるのは同じ時間で、ひいては彼らが目的地へ到着するのも同じ時間なのです。
それに対して自転車の僕が目的地へ到着する時間は、(数秒)×(こんなことが起こった回数)だけ変わってくるのです。
そういったエコノミクスを考えられるくらいの知性があるはずなのにそれを使おうとしないのがもっとも愚かで悲しいです。

人の時間を殺している。その数秒で僕は電車を逃すかもしれないのです。そうした場合彼らが殺した僕の時間は5分や10分となってきます。




「合成の誤謬」という言葉がありますがこれがまさにそれです。
例えば劇場で火事が起こったとします。満員の観客がいっせいに出入り口へ殺到したら、本来なら全員助かったかもしれないものが大きく変わってしまうのです。

周りをよく見れば、個としての利が全体としての損になっていることに気づけるでしょう。
さっきの車と自転車の例なら、車は個としての利すらありません。
まったく馬鹿げているのです。


スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2007/12/04(火) 16:43 おもった、かんがえた事
テレビ映像の字幕に関する考察
こないだ海外へ行っていた人が書いたコラムを読んでいて面白かったのが、外国人に「なんで日本のテレビ番組は日本語でしゃべっているのに日本語の字幕が出るのか」と質問され、わかってもらえるよう答えるのに四苦八苦したというものだ。
その著者は「言語の都合で表示されているのでなくて、笑いをとるためのものだ」と答えたそうだが、とてもよい回答だったと思う。
今は不必要なほど頻繁に字幕を入れ過ぎな気がするけど、字幕を入れるか否か編集者の判断が程よい頃は、発言の聞かせどころにだけうまくはまっていた。

それにしても今は字幕が多い。
なぜ日本のテレビ番組はこうも字幕が多いか考えた。

すぐに思い浮かんだのが日本のマンガ文化だ。
日本人はマンガ好きで、マンガには吹き出しのセリフや背景の擬音語「ズドドド」とか「バタバタ」とかいったようなものが多い。

だから音声を伴うテレビの映像にも字幕を入れることによって、実写をある意味、「マンガ化」しているんじゃないだろうか。と思ったのです。

最近ではテレビドラマも映像や台本のつくりがマンガっぽい。
そのうちドラマにもセリフの字幕が入ってマンガみたいになるんじゃないかと思ってしまいます。

コメント:0 トラックバック:0

2007/08/30(木) 11:27 おもった、かんがえた事
子供の情景
自分って子供だなぁと思うところがあって、その話です。

たまに世の中のみんながまだあまり注目していない物を気に入って、たとえば歌手だったりデザイナーだったり芸人だったりいろいろですが「あぁ、こいつはいい。こいつは売れるぞ。」って思うことがたまにありますよね??
そのあとホントにそうなっちゃったときに僕なんかは子供なのか知らないけど
「あーっ、僕ねぇ、それねぇ、前から注目してたんだよ!やだなぁ、もうこんなに有名になっちゃって。」
みたいな。
いち早く気づいていたと誇示したがるんだよなぁ。うっとうしいね。

こないだもSANYOがケータイ電話業界から撤退すると発表があったときに、「あっ、やっぱり。気付いてたよ」とニヤリとしてしまった。

というのは以前まで使っていたケータイがSANYO製で、いろんなところにユーザーに対する配慮がなくて惜しいところで不便だなあ、これじゃあ人気が集まらないだろうなと思っていたんです。
あと今使っているデジカメがSANYO製で、これもケータイと同じで技術はあるんだけど惜しいところで使い勝手が悪い。惜しいんだな。

という話を人にしては「SANYOはマルチメディア業界からは撤退するべきだ。冷蔵庫や電池に専念したほうがいい」と言いまくっていたのです。

と、いちいちブログに書くことによってまた「自分は気付いていた」と自慢してしまった。うっとうしいね。子供だなぁ。



コメント:3 トラックバック:0

2007/06/05(火) 17:08 おもった、かんがえた事
セラミック包丁
部屋のソファを新しいものにしたくて家具屋さんへ行った時のこと。
ニトリでソファを見終わって調理器具を見ていたらセラミック包丁を発見した。
裏を見ると、金属素材の他製品にはできないセラミックならではの長所が書いてあった。

Image291.jpg


ただ、ひとつだけピンとこないのが

「セラミックはダイヤで研げます」

簡単に手に入るものでも研げますっていうんなら長所な感じがするけど、ダイヤって。
全分子の中で一番の硬度を持つ分子でしか研げないならむしろ

「セラミックはダイヤでしか研げません」

という方がニュアンス的には正しい気が。

それからセラミックは落としたりした時の衝撃に弱いという陶磁器ならではの弱点も持っているようです。
関係ありませんが、こないだタマ君に更新してくださいと言われました。

コメント:0 トラックバック:2

2007/02/03(土) 23:08 おもった、かんがえた事
マルチプル目覚まし
うちのオトンはよく寝る。「よく寝る」の「よく」がウ音便で「よう寝る」に変化して、そう言っているうちに「ヨーネル」というあだ名が家族の中でつけられている。それ程よう寝るのですが、こないだヨーネルが寝てるときにケータイのアラームが鳴り出してずっと鳴ってるのにまったく起きる様子がないんで家族みんな失笑っていう場面があってそんなときに思いついたこと。

なぜ、今までの目覚ましは聴覚しか刺激しなかったかということです。
もっといろんな感覚器官に働きかけるものがあってもいいのに。
たとえば、発動するとピカーーッと眩しく光ってブルブル震えながら音が鳴って、それを止めるには本体の中にある酸っぱいドリンクが入ったタンクにストローをさして飲まなきゃいけなくて、システムはタンクの中の重量を感知して軽くなったら止る。みたいな。

サディスティック過ぎて売れんかなぁ。

コメント:0 トラックバック:0

2007/01/11(木) 13:14 おもった、かんがえた事
アーティストという人たちの商売道具
僕はアーティストではないのでアーティストの苦悩については知りませんが、アーティストでも何か本の著者でも「他の同業者と自分とはここが違う」というポイントを創造することに日夜苦労されているのだと思います。たぶん。
それを商売道具にしているんです。たぶん。

DJ OZMAの裸ダンサー問題ですが。
あれはNHKがOZMAというアーティストについて他の人とどこが違うのか、どういう表現によって自分に特有な他の人にできないポイントを創造してきた者なのか、そういったことを理解せずに参加するように呼びかけたのがいけなかったんではないでしょうか。


国民的な番組だから、とかの理由で「あなたのその表現の仕方をやめなさい。」と言われるのはきっとアーティストにとっては侮辱なんだと思う。
国民的な番組なら国民的な表現をしているアーティストを選ぶべきだったのにそうしなかったNHKに責任があると思いますねぇ。

コメント:0 トラックバック:0

2006/12/13(水) 17:36 おもった、かんがえた事
今年の漢字
いじめで子供が何人も死んでいっている今年の一年を象徴する漢字が


「命」


に決まったそうです。

清水寺で行われる恒例の行事らしいのですが今年初めて知りました。
形はどうあれ命の大切さを打ち出していくことはいいことだし、今年に限らずいつの時代をとっても大事な言葉が今年の漢字に決まって重みがずしりときました。
でも「今年の漢字が『命』に決まりました」なんて言われても、きっと死に追い込むまで人をいじめるような子の心には何も響かないだろうからしょうがないなぁ。


コメント:0 トラックバック:0

2006/10/29(日) 21:25 おもった、かんがえた事
オブラート
「もうちょっとオブラートに包んで言ってよ」って言うよね。

オブラートと言えばあのデンプンを糊化して薄膜にしたあれだけどさ。
あれも昔のもともとのやつは今のよりもずっと硬かったそうだ。
それを日本の科学者が新しい生成法を開発して今みたいな柔らかいやつができたそうだ。

いまや「オブラートに包む」という表現は「婉曲的にやわらかく表現する」という意味のもう慣用句と言ってもいいくらいにみんなよく使うよな。
国語の教科書に主な慣用句として載ってるような代表的な慣用句というのがあるけど、それにも全くひけをとらないくらいよく普及してよく用いられる表現だよね。

科学者として、自分が生み出したものが広く普及してみんなに愛されて用いられ、その証拠に国の国語として慣用表現にまで取り込まれたとあれば、どんな権威ある賞を受賞するよりも嬉しいことだろうなぁ。



とか、科学によって物を生み出すということに思いを馳せながら今日もいっぱい実験失敗。
僕もいつかはそんななにかを生み出したい。

発明王に俺はなる。

20061104000622.jpg


コメント:0 トラックバック:0

2006/10/27(金) 19:03 おもった、かんがえた事
時間は傷を癒すなぁ
汚いブログ「hidelog Z」に似合わず。
女性読者を引きつける切ない系恋愛ネタなどを投入してみよう。

ずっと前にこんなことがあったんだけど。

実はあの子は同じ大学に入ってて、僕が2年生になった春にあっちは一年生でうちの大学に入ってきたわけだが、2年の春に大学へ行く電車の中でばったり会ってしまったことがあって、そのときあの子は急に泣き出して一緒にいた友達が慰めながら違う車両へ移っていった。

なんて、ことがあったんだが。

別に僕は何も悪いことしてないのにね。なんだかちょっと悪い気がしてしまった。
たしかに僕は食べなくてほったらかしてたけど、それについては向こうは知らないんだからねえ。


まぁ、それは昔話として大事なのは今日だよ今日。
帰りに電車の中でばったり会ってしまったんだよ。
あの子が降りる寸前に気づいたから一瞬の出来事だったんだけど
にっこり微笑んで軽く頭を下げて降りていったよ。
「もう、昔のことです。今はもう消化しましたよ。」

的な意味をあの表情から感じたよ。

あー、よかったよかった。おじさんは安心したよ。

たぶん僕は好きになられる方は苦手だ。
僕を好きになる人なんてあんまりいないけどね(>_<)

コメント:0 トラックバック:0

2006/10/05(木) 17:59 おもった、かんがえた事
目的語に動名詞しかとれない動詞と不定詞しかとれない動詞とどちらもとれる動詞
中学生のころは目的語に動名詞しかとれない動詞があらしいけどそれはfinishとstopとenjoyだけだから余裕だとか思っていたら年を経るにつれてそういった動詞にいろいろ出会ってめんどくさいなぁと思って今もたまに思うんだけど。
まぁ、でもあれは日本語にもあるんだなぁと思うことがあったので紹介しよう。


続きを書くとか言ってもうどうかなってしまったキャンプへ行った時の話、日本語がおかしい看板を見つけて、「あぁ、これが英語でやった目的語にあれはダメこれはOKというあのうっとうしいやつか」と思ったわけです。

Image104.jpg



上の看板を読むと、
山菜の採取をやめようと言っているんだけど、そのやめ方に許可ありか許可無しかの2通りがあって許可無しのやめ方でやめましょうって言っているみたいだ。


日本の学校教育でよくあるんが、英文を英語と日本語のシステマティックな対応関係で訳させることがあって、僕はそんな単純に100%の対応関係があるとは思わないけど、不定詞は「~すること」と訳し、動名詞は「『~する』の『する』を抜く」と訳すと言うのだ。


この看板の場合、動詞「採取する」に対して、不定詞「採取すること」と動名詞「採取」ということになる。
それにのっとって説明すれば、これは不定詞を使うべきところに間違えて動名詞をもってきた文法的誤りということになる。

もしも看板中の動名詞「採取」を不定詞「採取すること」と置き換えたら

無断で山菜などの採取をすることをやめましょう


となり、本来この看板を作った人が言いたかった通りの意味になるじゃないか。

英文法の説明として言われると英語だけに言える特別ルールで日本語とは無関係かと思ってしまいがちだけど日本語にだって同じルールが適用されるんだなぁ、と思って日本語とと外国語が見た目にはわからない奥底で一つに繋がっていてそれを垣間みたような気がして知的興奮を得た、というお話でした。

コメント:0 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。