hidelog Z
2005/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2005/10


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/09/30(金) 00:40 いわゆるただの日記
秋合宿2日目
朝起きると、風邪の具合が悪化していて喉が昨日より痛くなっていた。
俺が辛そうな顔をしていたからなのか一輝が「辛かったら分奏でなくていいよ」って言ってくれた。
今日は一輝がその後の昼も夜もずっと「休んでていいよ」とか「無理すんな」とか何度も優しい言葉をかけてくれた。
なんかやけに嬉しかった。
気遣いのできるいいコンマスだ~

朝のO分奏は代理トップ。
ちょっと緊張した~
一輝と目が合ったらすぐに視線をそらされた
あとで「目がウルウルしてて目が合うと恥ずかしかった」って言われた。そういうことだったのね。

そして風邪のせいで次のS分奏から体調が辛くなってきた。
昼のMtuttiを1時間くらい頑張ってみたけどそこで喉が痛くて、耳に膜が張ったようにウワンウワンなって管がよく聞こえないし、頭がボーっとして、気持ち悪くなってきたので途中でリタイアした。

それからはずっと寝ていた。
一体どれだけこの天井を見ていただろうか。

P050930_1936.jpg


今日一番よく見ていた風景かもしれない。

起きて夕飯を食べた。
みんながとても心配してくれた。申し訳なく感じた。
その後のS分奏も休ませてもらった。

夕方寝たので眠ることができず、話し相手もいなくて、またずっと天井とにらめっこをしていて退屈だった。
途中でしゅういちろの電話に1年生の頃オケでバスをやっていたまゆみから電話がかかって少し話した。懐かしかった。
その後まゆみと何通かメールを交わしたりしゅういちろと話をしていたらみるみるうちに体調がよくなっていって、声もちゃんと出るようになって超テンションが上がってきた。
数時間前までは死人みたいになってた俺と同一人物とは思えないくらいに。

風邪で声が出なくて人としゃべれなかった分、誰かと話したくてしょうがなくて、まりなちゃんとよっしーとたまちゃんにからんでしまった。
あきらかに練習の邪魔だったと思うけど、ホントに誰かと話がしたくてしょうがなかったの。許しておくれ。
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/29(木) 20:59 いわゆるただの日記
秋合宿一日目
前日に比べてずいぶんよくなったけど完全には風邪が治っていない状態で野間へ。陶山君が運転するトラックで山崎君と3人で行きました。
着くと変わらぬたたずまいに萎える。

柏屋に着く前にトラックで近くのスーパーへ寄って買った昼ごはんを食べて、体のコンディションとこれから始まるここでの生活を考えて悶々とした気分になる。


夜まではトップが来ないのでパー練をそれぞれの曲のサイドが仕切ることになっていて、フィデリオのサイドは梅子だけどあの子も来れないということで俺がやる手はずになっていた。めぐが「パー練でやってほしいこと」を書き置いていてくれた。
手書きの字で一つ一つ書かれたしっかりと考え込まれたメニューに感動して涙ぐむ。

しばらくしたら五十里夫妻が現れて仲良くたこ焼きを食べる姿を見てなごむ。

パー練は、自分がパー練するのが懐かしくて胸がキュンとなる。

夜のオープニング分奏ではトップは来たけどサイドの梅子はまだいなかったのでサイドで。
トレーナーが求めている音の長さがわからず、「わかんねー、わかんねー」って一人で騒いでしまった。
なんていうか、数学的には点(0次元)に面積や長さは無くて、線(一次元)には長さがあるけど面積は無くて、そういった次元の話につながる問題で一人で苦悩していた。

あと、ゴキブリを発見してしまって騒いでいた。
騒いでばかりいる俺。。。
ゴキブリは休憩中にチェロパート代表害虫駆除専門家しゅういちろが退治してくれた。今日の仕事でしゅういちろは弦楽器代表まで株を上げたな。

そして休憩後は阪神ファンの人が阪神の優勝をかけた試合を見たくていなくなったり。

ハプニング続出のオープニング分奏だった。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/28(水) 16:30 いわゆるただの日記
夏休み最後の日
明日から合宿で帰ってきたら次の日から新学期なので、実質今日が夏休み最後の日みたいなもんだ。

が、、、


風邪で何もできない。
喉が超痛いし、熱っぽくもある。


P050928_1609.jpg


今日は一日中ダウン。
これが夏休み最後の日の過ごし方とは。。。

写真の俺が着ているのは年末に風邪ひいてた時も活躍したごわごわのヤクザコート。
去年の年末の写真見たら髪が短くて驚いた。
我ながら短い方がよく似合っていると思った。


コメント:0 トラックバック:0

2005/09/27(火) 16:24 いわゆるただの日記
急なパー練
日曜日のこと、その日のTUTTIがあまりにも悲惨だったので山で積み下ろし作業中に急遽めぐ様から「パー練します」と。

今日はその急なパー練が行われました。


風邪をひいてしまった。
喉が痛い。
寒気もしてきたので今年度初のHOT山ドリンク。
ばいよりんヨッシーも大好きミルクココア。

P050927_1854.jpg


すこし温まった。
治して合宿へ行きたいとこ。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/26(月) 20:40 いわゆるただの日記
まいの誕生日
今日は妹のまいが誕生日で「何か買ってきて」と言われたので何かを買いにAnnexへ行ってきた。

今は東急ハンズとsony plazaの他に無印やFrancfrancまで入っていて系統が雑貨の方向へ偏りすぎな気がするが。
似たもんがそんな集まっても意味無いじゃん・・・。各地に散らばれよ。

とか言いながらひとりでショッピングを楽しんでいました。

おもしろい時計を発見した。
俺は模型とかが好きで軽食屋の食品サンプルなんかもとても好きなのでつい食いついてしまった。
針は割り箸でできている。
P050926_1332.jpg



手作り楽器のところにウクレレの完成例が置いてあった。
勝手にチェロチューニングにしてチェロの無伴奏を弾いてみた。
P050926_1401.jpg



まいには部屋の飾りに頭から芝が生えてくる人形をあげた。
彼女さんに定演のクロークであげたらとても喜ばれず大不評をいただいた代物なんだけど。
受験勉強でやんでいるので日々成長する芝に癒されるかなぁと思い、買った。

P050926_2314.jpg

名前をまいとお母んで考えた。

芝なので徳川シリーズで
芝康、芝宗、芝光、などの名前があがった。

足利シリーズや藤原シリーズも考えた結果、足利シリーズの『芝政』に決まった。


コメント:0 トラックバック:0

2005/09/25(日) 23:55 いわゆるただの日記
まいの誕生日前夜
まいの誕生日は明日だけど、一号が今日ケーキを食べたいとわがままを言い出したので今日ケーキを食べた。

味鋺で一番人気のケーキ屋さんで買った。
味鋺っていうとしょぼい気がするけどそのへんに出しても恥ずかしくないケーキを作っている。
俺が食べた「中津川モンブラン」
VFSH0019.jpg



名前の意味がわからないけど、ものすごく栗味がしておいしかった。

まいの18歳が終わると同時に万博も終わる。
今日はどこの局でもテレビから万博の歌が聞こえてくる。
何言ってるかわかんないけど超高い声の歌。
彼女さんと万博へ行ったときに歌ってあげたら「キモイ」と一蹴された。


お父んに「万博のキャラクターの名前知ってる?」って言ったら



「知ってるよー。もりぞーと・・・、」







「ピッコロ?」



だって・・・


1100634591486o.jpg


魔貫光殺法~!!


体色は森をイメージしたコンセプトに則しているとは思うが。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/25(日) 19:36 いわゆるただの日記
89th初TUTTI
初TUTTI@豊講。豊講でやると音教みたいで、始まる前に軽騎兵をこっそり弾いたりしてみた懐かし~、もう弾くことは無い。しんみり

チャイ4が衝撃的だったのでフィデリオとレプレの記憶があまり無い。
フィデリオは似たような曲をいつもやってるので慣れているからかやりやすい。
けど、音程がチャイ4ほど悪いわけじゃないけど良くはないし一つ一つの音がとても雑だと思う。自分の音ね。全体は知らん。


レプレはこのプログラムの中では一番好きだなぁ。85thのカルメンといい86thのグリーグPコンといい88thの魔弾といい。相変わらず前プロ好きな俺。
好きだから楽しかったです。楽しかっただけで終わってちゃダメだね。
弦はさらいどころが満載でやりがいありそうでいいね。これからが楽しみです。
チューニングの音程の合ってなさが気になりました。


チャイ4は・・・。1楽章が難しいです。
チェロ・バスが走りすぎていました。
どうしても走る問題箇所があって俺も一回目は指揮を見ないで楽譜ばっかり見て弾いていたので超走っていた。
でもそれに気付いて2回目からは指揮とトップを見てちゃんと前につけて弾いていたのに、あとでとある人に「英典は前を見て」って言われてちょっとイライラ。
2回目以降は3プルト目以降が走ってんのに~。
今日は2プルト目で弾いていたんだけど、2プルトって自分はトップが見えるからトップに合わせてるのに3プルト目以降が走ったときに後ろが見えないトップからは自分が注意されてなんかもどかしい。
でも、たしかに難しい。
俺も3プル以降で弾いていたら絶対合わせられない。

自分が弾いた正拍の音と指揮者が前で出してる正拍が合っているか正拍のたびに確かめないといけない。コレを忘れたら1楽章は間違いなく崩壊する。


昼ごはんをしゅういちろとピクミンと3人で買いに行ってる時に夢で浮気をした話をした。
俺の浮気相手が誰だったかは言えないが、ピクミンの浮気相手がおもしろすぎた

ブ○○ニー○ピ○ーズ

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/24(土) 23:16 ひでのりの栄養
非科学的
P050924_2316.jpg


最近は見なくなったキャラクター商品。グルーミー。
俺はこいつに祈りを込めた。
非科学的だが。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/24(土) 23:00 いわゆるただの日記
旧友
合宿で疲れて帰ってきたにもかかわらず、夜まで小・中学生の頃の友達の徳田と会ってきた。
友達でもあって、先生でもあって、親でもあって。
まわりをよく吸収する時期に出会ってとてもいろんなことを学んだ特別な友達だ。

高校生の頃にたまに会うといつもラーメン屋の「台湾ラーメンおか田」へ行ってラーメンを食べた後、近くの公園でずっと馬鹿な話から高級な話までをしゃべりまくるのがお決まりパターンで。
今日ももちろんその定番コース。

今は埼玉で暮らしてる徳田だけど久々に会ってもまったく変わっていない。
むしろ前よりも徳田色を増している。ベクトルが同じ向きで大きさが伸びたような。
見た目がイエス様みたいになっていてそれは驚いたけど。
P050923_2141.jpg



今日もなにやら独自の思想を語っていらっしゃった。
本当にただ者ではない。
今日もいろんな話をしてきた。

音楽が大好きな人なので音楽の話も少し聞いた。
って言ってもクラシックとかは聞かないけど。
ジャズ・テクノ系が好きで今はコンピューターのよくわからんエレクトリックなデジタルな音楽をしていらっしゃるようでした。
俺がクラシックでやってるドレミファソラシドとかそういうんじゃなくて、よくわからないけどIDMという音楽だそうで、普段の生活の中に出てくる音を音楽にするんだとか。

本当に音楽に熱い人なので
「魂の無い音楽に意味は無い」と、熱く語ってくれました。

音楽が好きかわからなくて悩んでいる俺にはザクッと突き刺さる言葉でした。

それにしても、本当に独自の路線を行く人でおもしろい。
こいつとの会話には他の人にはない刺激というか意義深さがあっておもしろいんだな。

東京の話なんかもいろいろ聞いた。
関東方面うらやましいなぁー。
東京行ってみたいよぅ
そんな時間ないよぅ
金も無いよぅ

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/24(土) 21:40 おもった、かんがえた事
人が動物を超えた存在だと言う所以について
久しぶりにただの日記じゃなくて考えたちょっと難しい話。

ずっと昔の話だけど、ウルトラマン変身セットみたいな子供用のおもちゃが売られていて、それを買ってもらって着てウルトラマンごっこで遊んでいた子供がそれを着ていればウルトラマンのように空を飛べると思って高いところから飛び降りて亡くなったっていう事故があったそうで。

俺がまだ子供の頃に親から聞かされたその話をたまに思い出すんだけど、その度に思うことがある。
人間が他の動物と違って動物を超えた動物だといわれる所以だ。

僕らが物である限り物理法則から開放されることは無く、質量あるものは必ず地球の中心に引っ張られる。
そんな物理法則とかそんな言葉や理論はわかっていなくてもどんな生物だってそのことはわかっている。その引っ張られる力がどれくらいの強さのものかもわかっている。
犬だって鳥だって虫だってわかってる。

だからうちのシェリーだって50cmやそこらの高さなら飛び降りるけど、1m以上もあれば無理だと思って飛び降りようとはしない。

こういった逃れられない物理法則からの危険性ってどんな動物だって持っているのが当たり前。
高いとこを恐れ。熱いのを恐れ。水を恐れ(肺呼吸する動物なら)。などなど。
この感覚が生命を守る。


けど、人間は他の動物と違ってイマジネーションという能力を持っている。ここが人が他の動物と違う決定的なポイントだと俺は思う。
テレビでウルトラマンが空を飛んでる姿を見て空を飛ぶイマジネーションが頭の中で作られたんだろうなぁ、その子は。
人間のイマジネーションの力はとても強力で動物ならどんなものだって持っている危険意識までを凌駕しているんだろうなぁ。
ホントにこの事件の話を思い出すたびに人のイマジネーションの力に驚かされる。

他には、例えば昔の仏教徒が性愛を禁じていたことなんかもイマジネーションが動物を超えさせている一例だと思う。
性愛を禁ずるなんてことは動物学的に考えたら種の存続の危機であって他の動物だったら絶対しないとても危険なことなんだけど、そうすることで仏になれる信じていたんだろうなぁ。

イマジネーションがすでにある物から新しい何かを創り出す力になっていろんな道具を作って豊かな暮らしを実現させてきたわけだし。

イマジネーション。
人間が他の動物と違う大きなポイントだと思います。


コメント:0 トラックバック:0

2005/09/24(土) 21:00 いわゆるただの日記
弦合宿総まとめ
弦合宿総まとめ9月21日-23日

一日目

陶山君の運転が心配で、陶山君がかざりやの庭の石にトラックをぶつけて、げんちゃんの運営ミスを笑って、パー練の2楽章の発表会はイマイチ誰にも支持されなくて、加藤先生の分奏は本当にいつもためになって、一輝と俺の低次元トークにげんちゃんとしゅういちろは引き気味。
そんな一日目だった。


二日目

朝は合宿の名物(何かは秘密)が見れなくて、レプレの加藤先生分奏は予想通り速すぎて弾くなくて、フィデリオは予想外だにせぬサイドでドキドキして、チャイ4の4楽章のわけわかんないとこをゆっくりのテンポでやらされて必殺「最初の音だけ当ててあとはグリスタンド」(ごまかし)が通用せず撃沈して、部屋でバク転の練習してたらできるようになって、教養の弦楽の発表を聴いて感動して、お手本で予期せぬ大役(指揮)を回されてアダージョが速くて笑われて、3年生でお酒飲んで、さよちゃんが下ネタに超食いついてきて意外で、海に入れられて夜光虫が綺麗で、風呂で俺とげんちゃんがキレて一緒にいた一年生が戸惑っていた。
そんな二日目だった。
100_0157.JPGsmall.jpg

みんなのいい笑顔。いい演奏。
そしてそのあとの悪い指揮・・・
でも、なんでも初挑戦は大好き。ありがとうみんな。


三日目

朝のパー練が終わって、帰りの陶山君が心配だから午後枠の教養が終わるの待ってて、疲れからか目に異常な症状(見ているものが風が吹いたときの水面のように揺れる)がでてきて怖くなって、かざりやを出て数秒後にトラックで陶山君が電柱に激突して、山で積み下ろしして、度重なる事故で借りた時と形状が歪んで変わってしまったトラックを返した時にバレないか心配してたらやっぱりバレて「事故・トラブルはございませんでしたか?」の問いに陶山君がキッパリ「あぁ、大丈夫です」って言ったのでバレてないわけないけど向こうも大目に見てくれてそれ以上追求してこなかったので助かって、帰って味鋺に帰ってきている中学の友達と夜まで会って寝た。
そんな三日目だった。



コメント:0 トラックバック:0

2005/09/21(水) 00:44 ひでのりの栄養
二つある場合は唯一とは言わないが
二つある場合は唯一とは言わないが、音教が終わってから今までの地獄のようなオケの曲さらいの毎日の中で唯一嬉しかったことが2つあった。ってのはやっぱり日本語として間違ってる??


ピクミンとサイゼリヤで昼飯食ってるときにピクミンが
「先輩に定演のトップを一回はやって欲しかった。」
「教養のときのパー練とかすごくためになりましたよ~」

って言ってくれたの。ごめんね、定演トップをしないのは自分で決めたことなんだ。
教養のときの話をしてくれた時はまた泣きそうになった。
俺のパー練なんかをそんなふうに思っていてくれたなんて。
しかもあんな何もできなかったトップなのに。そんなふうに評価してくれていたなんて。
あぁピクミンありがとう。
そんな君は俺よりもずっといい教養トップしてると思います。ありがとう。


もう1つはしゅういちろが山で沼田の曲をさらっている時にとなりで見ていて話をしていたら、俺が教養のパー練でした弓の重心の話を覚えていてくれたの。
話をした本人はもちろん覚えてるけど、それをパート員が覚えていてくれて今でも気にかけていることがホントに嬉しかった。


最近はオケの人にホントによく泣かされます。



コメント:0 トラックバック:0

2005/09/20(火) 00:37 ひでのりの栄養
ワックス
過去のことをいっぱいアップして疲れた。

こないだ切らしたワックスを買いにドラッグストアへ行ったら、UNOのワックスのポスターがおもしろかった。
お笑い芸人の人がUNOのワックスを使ってBefore Afterみたいな感じで一人2枚ずつの写真が50人分くらい並んでるの。

あいつも髪型1つでこうなるのかぁってつい目をとられてしまった。

もう一度見たくてわざわざ資生堂のホームページまで行ってUNOのところにたどり着いた。

けど俺はUNOとかGATSBYとかの男性用の商品はどれもよくないと思っている。
広告がよかったからUNOも今はよくなったのかなぁと思ってテスターを使ってみたけどやっぱりあれはよくないな。
だからUNOのは買わなかった。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/17(土) 23:24 ひでのりの栄養
Denny's今秋のパフェ
とても心が病んでいる。
夜の11時ごろにパフェが食べたくなって、わざわざ黒川のデニーズまで車で行ってきた。妹のまいと一緒に。
まいも病んでいるので。

100_0133_2.jpg

俺が食べたさつまいもとかぼちゃのパルフェ。もう秋なんだね
かぼちゃとクリームを一緒に食べたのは初めてだったよ。
おいしかったよ。


100_0134.jpg

まいが食べてたやつ。ベリーミルフィーユのパルフェ。


病んでる二人で病みトークをした。

まいの将来の夢とか聞いてしまった。まいも苦労しているんだなぁ。
ちょっと前までは子供だったあの妹が自分の夢をかなえようと真剣に考えているのを知って兄は感動してしまったよ。

オイラもいつまでもフラフラしてられんわぃ。

コメント:1 トラックバック:0

2005/09/17(土) 23:23 いわゆるただの日記
3年会
9月11日(日)

O・S譜読み

レプレ、すげーなアレ。
聞いた後げんちゃんと二人で焦っていた。


沼田譜読み

いい曲だな~、ホントに。
実は1楽章のチェロバスは超いいんだな。
これからが楽しみ


今日はそのあとに3年生の飲み会があった。
幹事のまいこちゃんありがと~

1つ下の代に比べて俺は自分の代に対して仲のよさにおいて引け目を感じていて、初めは微妙かな~とか思ってた自分が馬鹿だった。
実際は超楽しかったよ
こんなにいいものならまえからもっといっぱいやればよかったなー3年会。


まえまえからうっちーと対談したいと思っていたので今日はそれが実現できたホントによかった。
うっちー、いろんな意味でイイまちゃがうらやましいな。

一輝は噂どおりのホモだった。バカ話だけだけど一輝と話ができてそれもよかった。
考えてみれば3年の弦の男はチェロ以外では小林君と一輝だけなんだからもっと1年生の時から仲良くしておけばよかったと今になって後悔した。

今日はホントによかった。何がよかったって
お酒で真っ赤になってうっちーに心配されつつ、うっちーに癒されつつ、うっちーに悩み相談しつつ、うっちーに励まされつつ、うっちーに恋愛について考えてもらいつつ、ってうっちーばっかじゃん

いい一日だったなぁ、ホントに。
3年だって2年に負けちゃいないゾ

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/17(土) 23:22 いわゆるただの日記
N田ピアノ教室
9月5日 (月)

バス以外のN田の弦トップと指揮者の5人でN田先生の家へ行ってきた。

N田先生ってどんな人?って行きの道の途中ででおっくん先輩に聞いたら「う~ん、101匹わんちゃんに出てくるおばさんみたいな・・・」

って言われて、かっちんと俺は「えぇーー
って驚いた

だってコレだもん

20050919002932.jpg


こんな人の家に行くのかぁってちょっと恐くなった。


けど着いてみたら全然違う感じの人だった。高校の頃の家庭科の先生に似てるんだけど、誰も知らんわな。
松尾葉子みたいな?元気なおばちゃんだった。

だってインターホン鳴らしてインターホン越しの第一声が「ハローハロー」だもん。
そしてドアを開けて出てきて一言目が「ウェルカムウェルカム」だった・・・。
5人中のほとんどがノリについていけない。


軽く自己紹介をした時に「あなた歌やってらした?」、「お腹から出てていい声だわぁ~」って言われた。そんなこと言われたのは初めてだ。

「チェロの人はピアノ椅子の方がいいでしょ?高さはこれくらいでいいかしら?G00D?」って言われた。
「G00D」って答えた。どうやら英語が好きな人らしい


ピアニストの子供は3つの楽章ごとに別々の3人がやるんだけど、それぞれ個性があって楽しかった。

特に2楽章の子は・・・。親が教育ママって感じで途中で「うちの子は普段はもっとできるんです。」みたいなこと言って横から入ってきたりしてトップ陣と指揮者で顔を見合わせて苦笑いしてしまった。
太り気味で色白で大きなメガネをかけていていかにも外では遊ばず育ったおぼっちゃまって風貌だった。

3楽章の子は感情があまり感じられなくてなんかうちのパートにもそういう子が一人いるけど、その子を思い出させられた。
まだ速くは弾けないようでこっち(低弦)側としてはマジ助かった・・・

1楽章の子はまぁこれといって特徴が無くてノーマル小学生って感じだった。


今日は指揮を見た後に楽譜に目を戻すとどこだったかわかんなくなっちゃって間違えることが多々あった。
大変申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
もっとさらってきます。はい。


N田と表現をぼかしてあるのは、キーワード検索っていう恐ろしいもので簡単に引っかかるようで、いろんな事件が起きている今なので、万が一この教室のお母様方がふとしたはずみでひっかけてしまった際に「あのオケのチェロの奴にうちの子が悪く書かれてるんですけど先生、次回からは別のオケに・・・」的なことを避けるための処置です。
まぁまさかそんなことがあるとは思わないけど。
いろんな事件が起きている今なので気は抜けません。
万が一、ね。



コメント:0 トラックバック:0

2005/09/17(土) 23:21 いわゆるただの日記
メイン譜読み
9月4日 (日)

譜読みがあった。
中3の頃の髪型並みに思い出したくない。



コメント:0 トラックバック:0

2005/09/17(土) 23:20 いわゆるただの日記
トップ練&太らす会
9月3日 (土)


チャイ4の譜読み前のトップ練に参加した。
ふがいない。


夕方からげんちゃんを太らす会が行われた。
栄のイマナス亭で焼肉食べ放題。

俺とげんちゃんはトップ練で自分のふがいなさに愕然としており、腹減ったとも思わなければいくら食べてもお腹いっぱいとも思わなかった。

となりに座っていた下ネタ好きな彼女さんは俺の下ネタトークに感動して笑いすぎて涙をだしていた。
そんな彼女をピクミンが理解に苦しむ顔で見ていた。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/17(土) 23:19 いわゆるただの日記
泣いてしまったことについて
9月2日(金)

最近は何もかもうまくいかない。
チャイ4はもうすぐ譜読みなのに全然弾けるようにならないし。
オケ以外のこともなにもかもがうまくいかない。

オケ以外のことが全てうまくいってて、それでチャイ4が弾けないなら頑張ろうって気にもなるけど。すべてに悩みがある。
その状態で、毎日毎日朝から夜まで練習しなきゃいけなくて。
もう辛い。


自分は音楽が好きじゃないと思ってきた。


なんでオケをやってるかって聞かれたら、オケのみんながいるからって答えると思った。
例えば、オケの人たちみんなが一斉に「今日からオケじゃなくて相撲部になろう」って言いだしたら俺は相撲なんてやりたいと思ってないけど相撲部に入るだろう。
みんなと一緒にいたいから。


みんながもっとやな奴だったらすぐ辞めるのに、なんでこんないいやつばっかなんだろうって周りの山にいた人たちを見たら涙が出てきて。

それをげんちゃんに言ったら「なに馬鹿なこと言ってるの!?ホラたまちゃんを見なさい、一生懸命練習してるじゃん」って言われて、たまちゃんを見たらホントに一生懸命やってた。

まだフィンガリング考えるのも音程とるのもままならないのに、一つ一つの音を丁寧にさらっていた。
それを見たら、チャイ4が弾けないとか言って投げ出したくなってる自分は何やってんだろうって思えてきて溢れた涙が抑えきれなくなっておいおい泣いてしまった。
あんなに泣いたのいつぶりだろう・・・?


げんちゃんと梅子とたまちゃんとさよちゃんと、あと誰だっけ?いろんな人に慰められた。


そのあと、沼田のボーイング合わせがあった。
いっぱい間違えてしまったけど、楽しかった。
やっぱり音楽が好きかなって少し思えた。

バスの加藤君の髪の匂いが昔好きだった人の髪の匂いと同じだった。
少し悲しくなった。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/16(金) 23:18 おもった、かんがえた事
GPS
深谷先輩の家に行くといつもみんなで行くスーパー銭湯「レッツ高浜」のホームページを見たら

北緯 34゚55'54 東経 137゚00'17

って書いてあったんだけど。
そんな細かい位置情報が必要になることってあるんだろうか?
それか今のカーナビは緯度と経度を入力して目的地を設定したりするんかなぁ?よく知らんが。

GPSは誤差10メートルで位置情報を与えれるそうな。
未来は年賀状書くときなんかも○○県○○市○区・・・何番地何番の何・・・なんて漢字ばっかりウダウダ書かなくても

N○○°○○、○○ E○○°○○、○○

だけですむようになるのかもしれない

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/16(金) 22:14 おしらせ
インターネット大パニック
あんなところやこんなところでインターネットによるマズイ問題が起こっている。
ヤバイと思った部分を訂正した。
あぁインターネットは恐ろしいのね。

最近はこれを見てる人が増えている。
誰が読んでも大丈夫なようにしないとだめんだなぁ。

と思った出来事でした。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/15(木) 22:25 いわゆるただの日記
深谷バーベキュー会
8月27日(土)

音教が終わってやっとオケから開放されたかと思ったら、チェロの深谷先輩の家のBBQに呼ばれた。
昼からピクミンの車でげんちゃんとトッシーと行きました。
吉浜駅で待つ梅子を迎えに俺の怪しげなナビゲートで吉浜駅へ向かいました。
吉浜駅が俺たちの想像をはるかに上回る小ささだったために気付かず通り過ぎたりしたけど、なんとか梅子を拾って、深谷先輩の家へ。


着いてからは時間があったのでピクミンとげんちゃんとドライブしてきました。ゲーセンで遊んでたら格ゲーしてるピクミンの顔が見たことないほどキリッとしていて笑えた。

家に戻ったらBBQは始まっていた。
みんなでわいわいやっていてなかなか楽しめた。
100_0081.JPGsmall.jpg




あきちゃまに久しぶりに会った。今も昔と変わらず子供っぽくて俺より年上とは思えない。
単に俺が老けて見えるだけという噂もあるが。
今は分奏とかで「サイドで弾いて」とか言われたら「やだな~」と思うけど、一年生の頃の音教と85thのサブの時はトップがあきちゃまで「サイドで弾いて」と言われるとあきちゃまの隣で弾けるのが嬉しくて「やったー」とか思ってた。何も考えてなかったからな、あの頃は。馬鹿だった。
でも86thの時はさすがにサイドで弾きたいとは思わなくなったけどね。


今日の行きと帰りのピクミンの車で合計4時間もの間ずっと教養のCDを聞かせられて頭に染み付いてしまった。マインドコントロールみたいな。
5トラックのCDで1トラック目がラコッツィ行進曲、2トラックがスラブ舞曲7番、3トラックがスラブ舞曲8番、4トラックがカリンニコフ交響曲1番1楽章、5トラックがヘンデル コンチェルト・グロッソ(だっけ?)

5トラックが全部聞き終わると1トラック目に戻る。無限ループ。
助けてくれ~

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/15(木) 10:29 いわゆるただの日記
音教4日目
8月26日(金)

1、2、3日目を書いてたら、一日に一回は下ネタ的要素が含まれていることに気付いた

最後は和良小学校での公演。
ここで覚えてるのは個人的なことだけどフィンランディアの中間部のところがすごく綺麗にできたこと。
最後に綺麗に弾けてよかったよかった。

クラリネットの楽器紹介は公演ごとにバージョンが変わるんだけど、今日はクラの人たちが1列になって歩きながら吹いていた。
そのせいでドップラー効果がおこって俺を通り過ぎた人の音程が低くて俺を通り過ぎる前の人の音程が高くてとても気持ち悪いハーモニーだったのをよく覚えている。


今日は最後なので演奏終了後はいつもはこっちが退場するけど、今回は小学生たちが退場した。
子供たちが退場した後の体育館がシーンとしていて「終わった」って感じがして何か込み上げてきた。
感動的な最終公演だった。


帰りは、昨日うっちーに話せなかったこれからのこととか、いろいろ考えていて少し暗い気分だった。
なんか音教の最後が暗い気分ってよくなかったみたいに聞こえるけどそれは俺の問題であって、音教自体はとてもよかったと思う。

バスガイドとってもよかったよ

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/15(木) 00:19 いわゆるただの日記
音教3日目
8月25日(木)

朝は村椿小学校で公演。
ここの小学校で印象的だったことは校長先生の話が長いっ!
しかもこの校長先生は学生時代に名大オケに少しだけ所属していたようで山のこととか知ってた
この小学校のなんとか先生がビオラができるということでフィンランディアを一緒に弾いた。
あとで子供たちにプレゼントをもらっていて、なかなかほほえましい光景だった。


そして息つくまもなく次の会場の田家小学校へ。
行くまでに覚えていることはYKKの工場がやたら多かったことくらいかな。
あと、枝が無くて先っぽが丸い木が何本か立っていたので「ナメック星の木みたい」って言ったらバスの後ろに座っていたバイオリンの一年生のかわゆい子が笑ってくれた
ナメック星の木がわかるなんて、俺ら気が合うかも

田家小学校の子供たちは午前の村椿とは正反対で、軍隊みたいにピシッとしていて縛られてる感じだった。
そのせいか笑顔も少なかったし。
くだけていいとこではくだけるように教育しないとだめだなぁ、と思った。
っていうかあんな小さい子供の生活の中でくだけていけない時間なんてほとんどなくていい気がするんだけど。
小学校のあーいう気質の教育が子どもの頃から嫌いだったから、俺は。


今夜の宿はホテルよしはら。今年の音教の宿は日が進むにつれてグレードアップしていくって聞いてたから期待してたら裏切られた・・・。
部屋で小林君とホラー映画の「ほの暗い水の底から」の話をしたあとに水道の蛇口をひねったら赤褐色の水が出てきてマジびびった。
血かと思った。
錆だった。関連性のある話をした後でタイミング悪すぎだしっ

夕飯の時に昨日の宿にあった忘れ物がみんなの前で発表されていた。
そこで俺のモンドリアンの絵のバスタオルも「これ誰のですか~?」って。
恥ずかしかったモンドリアンの絵が余計に恥ずかしさを助長して。



音教最後の夜はコンパです。
トップの仮装は今年も楽しかった。チェロのゆかこは幼稚園児に変身させた。それもかわいくてよかったけど、やっぱり毎回毎回天才的な仮装で楽しませてくれるのはバス。
今回は怪しい宗教の教祖様(?)の格好でキモくて汚くて怖かった。
小林君の画像ばっかで悪いけど、とても恐ろしい写真が撮れたので載せないわけにはいかない。
やはりこれは大きいサイズで。

注:ホラー弱い人はクリックしちゃダメだよ

これからこのオケでどうやってやっていくかとても悩んでいたのでうっちーに聞いてもらいたかったんだけど、うっちーは人気者でなかなかフリーにならなかった。

ので、小林君と牛丸の3人でずっとゲスい話をしていた。
知的レベルの低い会話だった。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/15(木) 00:13 いわゆるただの日記
音教二日目
8月24日(水)

おはようございます。
朝は食べる時間があるなら寝ていたい派です。
けど頑張って少し食べた。


今日は富山の南小学校での公演。
残念ながら南小学校での出来事は何も覚えていない・・・
小学生たちがすれ違った時にやけに挨拶してくれたことと、体育館の天井がコンクリートでできてたせいで音が反射してワンワンいってたのを覚えてる。
運命の時に自分が聞こえてるのが直接音なのか反射音なのかわからず拍感を乱されて、リハのときはとても心配になったけど本番はみんな意識していたので場所のわりにはうまくいったと思う。

そのあとは果物狩りで桃を食べた。桃狩りっていうか桃食べ放題。

100_0010.JPGsmall.jpg


この男は食べ放題って事で張り切ってひとりで8個も食べていた。
「おまえら(7個以下の人)みんなヘタレだ。」と言う声が誇らしげだった。
だれも張り合わない戦いに勝って満足げな23歳?24歳?の姿を見てすこし悲しい気持ちになった。



コメント:0 トラックバック:0

2005/09/14(水) 20:11 いわゆるただの日記
音教一日目
8月23日(火)

朝は時間を間違えて1時間も早く着いてしまった。
名古屋駅のマックで時間潰してました。
最後の音教なんだなぁとか、同じ3年生の仲間のこととか考えてたらドキドキソワソワしてきて気が気でなかった


バスは前の方に座っていたんだけど、隣が去年はいなかったしゅういちろで、前にゆみこちゃんや育子ちゃんがいたので話しやすくてそれなりに盛り上がったトークをしてたら後ろの方のみんなは静かに寝ていた。
「なに?俺らだけ?」ってちょっとアウェーな感じだった。まだ一日目なのに。みんなもっとテンション上げてこぅ
のろけてるみたいになるけど、彼女さんのバスガイド姿が素敵でした。


昼に着いたのは郡上市総合文化センター。
後で知ったんだけど、この日はうちのお母んも仕事でたまたま郡上に来ていたそうだ、奇遇奇遇。
今年の音教最初の公演では「あごに挟んで弾けません」を俺がやることに。
これでお客さんがウケないと後でげんちゃんに「負けましたね」って言われる。
それもいやだし、あれをして会場がシーンとしてるのもけっこう恥ずかしい
結局この公演では俺の勝ちとなった
運命の拍感が座ってる位置によって時差みたいなのが出ていて恐いなと思った。

次の公演場所は恵那市サンホールくしはら。
残念ながらここでのことはあまり覚えていない。
ホール全体が赤の配色で落ち着かなかったことはよく覚えている。
それから何人くらいのお客さんが来るかを牛丸とげんちゃんと罰ゲームをかけて予測した。
罰ゲームはここには書けない過激なやつとかいろいろ案は出たんだけど、げんちゃんもいるということで牛丸だけのノリには付き合えないので地味に「歯磨き膏で洗顔」に決まったのですが、賭けに負けた俺は結局罰ゲームは執行されずに済んだ。よかったよかった。

そのあと普通のみんなが近くのスーパー銭湯「ささゆりの湯」でゆっくるするなか俺たち積み込み班はひーこら働いてました。
そんで疲れて「ささゆりの湯」に着いたらすぐにバスが出るっていうんで15分くらいで急いで出た。
体洗ってシャンプーしただけでほとんどお湯に浸かってねー。
働かされた上に風呂にも満足に入れず、歩が合わない。
まぁ今年の音教委員の子達が頭ひねって考えてこう決めてくれたことだからブーブー言うのはやめよう。
楽器係はマニュアル免許とビッグな心が必要な係りなのだ。

そして今夜の宿「はしもと」に到着。
部屋は柏屋の大広間が縮小されたみたいなとこだった。ホントにそっくり。
TUTTIが始まるんじゃないかと思ってうかうか寝てられない感じだった。
って言ってもよく眠りましたが。


コメント:0 トラックバック:0

2005/09/14(水) 00:55 いわゆるただの日記
音教ラストTUTTI
8月21日(日)

豊講でやりました。暑い暑い。

どの曲でもそうなんだけど、まず一回目に流した時にテンポ感のズレがまとまらずにそのまま進んでいって「いつまとまるんだろう?」って感じの演奏になっている。とくに運命の時にこれが恐い。
2回目、3回目と繰り返すたびにまとまっていくので最初から2回目か3回目くらいのまとまりがあるといい。
本番は途中で止めて2回目やったり3回目やったりしないからね。


今日は2表で弾いていた。
帰りに山を優香子と一緒に降りていたら、「やっぱり後ろに英典がいてくれると安心して弾けるわ。本番はずっと2表で弾いてくれない?」
と言ってくれた。
100人近いオケの中に俺の音を信頼してくれている人が一人でもいることが嬉しかった。しかもその一人が優香子であることがホントに嬉しかった。
けど、本番はいろいろ動きたかったのと、ずっと2表だとずっと「あごに挟めません」をやらなきゃいけないのがいやで「うーん、優香子がそうしたかったらいいけど、いろんなとこで弾きたいなぁ」と言ってしまった。
今は本番の後に書いているからわかっているけど、本番は一番最初の公演と一番最後の公演で俺を2表においてくれたね。
最初と最後なんて2つともとても大事な公演に。
信頼してくれてありがとう、とても光栄に思っているよ。

それからこの後に、これを上回る嬉しい出来事があった。
あのサイゼリヤでのことは一生忘れません。



コメント:0 トラックバック:0

2005/09/12(月) 08:52 いわゆるただの日記
選挙
朝、早く起きちゃって、もう一回寝ようと思っても寝付けず1時間以上過ぎたので、もう起きちゃおうと決めて思いついた。

「そうだ、選挙 行こう」

タラララララララララ~   JR東海  

みたいな軽いノリで行ってきた。


自民党に入れようと思って
「自由民主党」って書こうと思ったら、省略名でも可とあったので
「自民党」って略して書こうとしたら間違えて
「民主党」って書いちゃった。

…まぁ、略してはいるんだけど。
でも、その時は「民主党」って書いて自由民主党を略した気になってて気付かず投票してしまった。
初選挙は凡ミスで終わった


P050911_0754.jpg


コメント:0 トラックバック:0

2005/09/10(土) 00:08 いわゆるただの日記
無人テーマパーク
急な思いつきでげんちゃんと竜泉寺ウォーターパークへ行ってきた。



ひどかった



人がいないんですけどー



俺とげんちゃんといちゃいちゃカップルの4人だけ。。。
従業員の方が人数多いし。
入場料2000円もするくせにウォータースライダー3本に流れるプールだけ。10分で遊び終えた。
入って10分で「次、何しよう?」って入場料2000円の場所の会話じゃないし。


もっともっと広くて。
もっともっと人がいっぱいなとこを想像してたのに。
テレビでよくCMしてるからきっとすごいとこなんだと思ってたのに。
水着のおねーちゃんがいっぱいいると思ってたのに。

すべての期待を裏切られた。


従業員はヒマすぎてプールサイドで自転車乗って遊んでたりタバコ吸ってたり。
ウォータースライダーの入り口でお客さんがぶつからない間隔をあけてスタートを指示する仕事があるのに、ずっと下でヒマそうにしている。
俺とげんちゃんがウォータースライダーの階段を登り始めると「あっ、行くんだ」って気付いて後から急いで階段を登って俺たちを抜いて上でずっといたかのように待機してる。
3人で地面に這いつくばって休憩室のドアの下のすき間から休憩してる女の人を覗こうとしてるし。


なにココ?

もう笑うしかない。


行く途中では間違って高速に上がっちゃって800メートル走るためだけに500円かけちゃったし。

今日は入場料とあわせて2500円も損した。



着いた時にこの入り口を見て何かやばいものを感じてげんちゃんに
「ホントに行く?」って聞いてしまった。
なんともいい加減な作り。よしもと新喜劇の後ろのセットみたいだ。
チケット買うとこでは中の部屋が丸見えで汚い部屋におばさんが休んでるとことか超見えたし。マジなえる。


100_0123_2.JPGsmall.jpg





2000円もするんだからきっと中はすごいんだろうと思ったら。




100_0122_2.JPGsmall.jpg



     がらーん


しかも10分で遊びきれるほど狭い。アトラクション少ない。
水着美女もいない。まぁ、いちゃいちゃカップルの女の人はスタイルもよくて紐ビキニがとてもセクシーだったが。

超さびくさいシャワーを浴びて帰った。ものすごい鉄イオン水。。。
最後の最後まで萎える。


2度と行かない。
これを見た人は一度としていかないことをお勧めする。

コメント:0 トラックバック:0

2005/09/08(木) 23:45 いわゆるただの日記
恐竜博2005
しゅういちろと恐竜博へ行ってきた at笹島サテライト会場

最近は毎日山へ行って家に帰る生活だったので、久しぶりに違う空間へ行けたことが嬉しかった。
「そうだ、世界はもっと広いんだ」って思った。
名古屋駅にいるだけで、普段は山で見ないような刺激がいっぱいで。
あぁ~あのシャツいいなぁ。とか。あぁ~あのジーンズいいなぁ。とか。
あのおねーさん綺麗だなぁ。とか。あのおねーさん今俺のこと見てたとか。
こういう刺激がないと生活が単調になる。やっぱり山や家にこもるのはよくないな。
刺激は心の栄養になる。
音楽も美術も、芸術は心の栄養が無いままやってもただの作業になるだけ。と思う。


恐竜博は一番の目玉のSUE(ティラノサウルス)がすごかった
これが生きていたとは。

100_0096_2.JPGsmall.jpg



でも、俺こいつと戦ったら絶対勝てる自信がある。
勝てるって言うか負けない。
何でかって言うと、展示の解説で、体が重すぎてほとんど走れず、走っても最高速度は時速18キロ程度だったと推定される。って書いてあった。
逃げれば確実に俺のほうが速いので、まず負けることは無いだろう。
あとは遠くから鋭いものを投げてればきっと勝てるだろう。
そして弱って動けなくなったらとどめは俺のカポエラで。。。

鳥は進化の分かれ道で恐竜から派生してきた種なんですよ。
恐竜博は進化をテーマにしていてこのへんの解説を展示品と共に力を入れてやっていました。

100_0120_2.JPGsmall.jpg


こいつが鳥の道を選んだ恐竜の骨。
よかったねぇ、今じゃいたるところで君の子孫が繁栄してるよ。
君がその選択をしなかったら絶滅していたからね。よかったねぇ恐竜を離れて鳥を選んで。

外国人に写真を撮るのを頼まれた。
「イクキューズミー、プリーズ・・・テイクピクチャー・・・、・・・、・・・プッシュディス・・・、フォーカス・・・」

と言っていた。

「あー。はいはい。」と言ってカメラを受け取った俺


「・・・なんて言えばいいんだろう・・・?スリートゥーワン?」

とか悩んだ結果

「はい、チーズ」と言って撮った。まぁそこまで相手に合わせる必要ないかと思って。

家に帰って英会話の先生のお母んに聞いたら「SAY CHEESE」や「READY 3 2 1」でいいそうな。
とっさだとパニクるもんだ。


コメント:0 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。