hidelog Z
2006/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2006/06


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006/05/31(水) 19:06 ひでのりの栄養
明治ミルクチョコレート
のCMを最近よく見かけません?
チェロが「チョッコレート、チョッコレート、チョコレートは明治♪」ってたぶんsul G で歌ってるやつ。

そこまではいいんだ、次が肝心なんだ。
なんだあの楽しげな音型は!?
なんだかチェロを弾きたくさせるCMだ。

実は耳コピが得意な僕。
早速チャレンジしてみた。

最初の「チョッコレート」~「チョコレートは明治♪」まではA線のファーストポジションらへんの音をsulGで。
難しそうだけど意外ととれる。

やっぱ問題は次の楽しげな音型のほうだな。こっちはムズイ。
CMでは途中で切れるのでこのあとどうなっていくのかフルで聞きたいな。
スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0

2006/05/30(火) 00:42 いわゆるただの日記
スヌーピー会の夜
終電過ぎて帰れなくなったジュン遺伝子がかわいそうなのでみんなで朝までファミレスで過ごすことにした。
いつもなら「明日TUTTIだから。」とか言って帰ってたけど。これだよ、これ。こういう土曜を過ごしたかったんだよ。

常に向上を目指すオケ生活と違う、まったく自分の成長にならない時間の使い方。これが俺には必要なのさ。
ファミレスで朝までどうでもいい話ばかりして、そのせいで明日は昼まで寝るだろうからやらなきゃいけないこともできなくなる。
なんてためにならないんだろうか、こういう感じ、いい。
ゆったりしてる。

ジュン遺伝子はまた

「核内輸送タンパク知ってる?細胞って核の内外で物質のやりとりをしなきゃいけないんだよ。そんでタンパク質の名前ってアクチンとかグロブリンとか最後の音がinのものが多いんだよ。だから細胞質の物質を核内に輸送するタンパクは物質を核にimportするから、なんて名前かって言うと・・・


インポーチン


という、俺でもくだらなすぎて笑えない下ネタを言ってすべってた。
今日はとことん掴みの悪いJUN遺伝子だ。

あぁ、くだらねー、くだらねーけどなんだこのいい時間は。

龍野さんがおしぼりでアヒルを作りだしたよ
P060528_0036.jpg


そしたら今度は紙ナプキンでバレリーナまで作っちゃったよ

P060528_0035.jpg


精巧なつくりに「すげー!!!」って興奮してる感じがなんともくだらなくてたまらない。

あとは5次元の存在が論理的に矛盾が無いことが証明された話とかおもしろかったなぁ。
霊界=5次元?っていう話に発展していい議論だった。

6日前の演奏会終了後たまちゃんとあゆちゃんと西尾さんとしゅういちろと来た名古屋駅のデニーズに6日後にまた来て、こんな風に朝までぐだぐだ過ごした初めての休日の夜を忘れはしない。

次のスヌーピー会は花火だそうだ。それも楽しみだ。

コメント:4 トラックバック:0

2006/05/29(月) 22:30 いわゆるただの日記
スヌーピー会
心がウキウキしてしょうがない。
オケの無い休日。
開放されたような気持ちだよな。これから休日に何しよう?って考えるだけで心が弾むんだ。
受験生が大学に合格してこれからの学生生活を想像してワクワクする感じと同じだろう、きっと。
大学4年にしてやっとそれを味わってる気持ちだ。


27日(土)

今日はスヌーピー会。
韓国料理と飲み放題でうまかったんだけど、けっこう高くて来週から昼飯は断食を強いられるな。

今日はジュン遺伝子の空回りっぷりが最高におもしろかった。いつもはグイグイ笑いを持っていくジュン遺伝子なのに今日はこれでもかというほど見事にはずしまくってた。

設定が超長いモノマネとか

「じゃあモノマネするね。えーっとー、白い巨塔で財前教授がガンを宣告されたのを知った里見教授が自分は治療法がわからないから何とか先生(名前忘れた)に手術を依頼する時の里美教授のモノマネね。」


みんなの期待がかかり緊迫する空気


真剣な顔つきになるジュン遺伝子


そのとき


店員「ドリンクお持ちしましたー」

って。
店員に持ってかれてるの。かわいそうに。
もう一回やって似てたとしても今の店員のタイミングを越えることはできなさそうだからすっかり意気消沈しちゃってるし。

前回のスヌーピー会では会えなかった龍野さんに会えたのもよかった。
人の話をよく聞くところに大人の女性らしさを感じた。


コメント:0 トラックバック:0

2006/05/26(金) 13:58 ひでのりの栄養
教科書のFigure
学校の教科書類にはたまにやたらかわいい写真や絵があって、みつけると興奮してしまうんだ。

高校の頃なんかは生物の資料集にビクーニャの写真ですげぇかわいいのがあって、それ見てはマキノと二人でかわいいかわいい言ってキャッキャと笑っていたりもしたなぁ。

こないだも今使ってる教科書でかわいい魚の写真をみつけてしまった。

P060524_1840.jpg



なんで教科書の絵はいつもこうかわいいのかな。
やっぱ教科書に載るとなると腕のいいイラストレーターが手がけるのかな。

いい表情してるよな~、こいつ

コメント:0 トラックバック:1

2006/05/26(金) 00:08 いわゆるただの日記
T-1 グランプリ
24日(水)

昨日ストリークした菌がまだ生えてなくて今日は実験は何もできない。
こんなときは大腸菌がうらやましいよな、あいつらはアホほど早い。

ヒマだったのでピペットマンのチップ詰めをした。
ピペットマンは設定した量の液を吸ったり出したりできる道具だ。

20060525234638.jpg


図の1の部分は使い捨ての消耗品でチップって言う。
チップはチップ箱に詰められててそこからバンバンとってバンバン捨てるんだ。
今日はそのチップ箱がいっぱい空になっていたのでチップを詰めたの。これがめんどくさいんだな。

僕がやりだしたら隣の立松さんが
「わたしもやらなきゃ」と言ったので

「僕がやっときますよ。ついでだし。」とか軽い気持ちで言ったら

「後悔しないでね」とか言って山のようになった大量の空き箱を出してきた。


やりだしたら効率を気にしだして一箱何分で詰めれるかタイムトライアルが始まり、そしたらなんだか燃えてきて

「チップ詰めは作業じゃない。スポーツだ。」

とかいう踊る大捜査線みたいな名言を残して、T-1(Tip詰めの「T」)という新スポーツに明け暮れたら山のような立松さんの分まで気付けば終わっていた。

P060524_1457.jpg

一箱の高さがだいたいタバコの箱くらいかもっとあるくらい。すごいでしょ?

僕のBest Record

1000μl用チップ  2"07
200/20μl用チップ 2"27
10μl用チップ   3"30 

1000用は速くて絶対2分きれたと思ったときがあったのにストップウォッチ押し忘れてた。惜しい。

生命・化学科の人たちよ、T-1への参戦をお待ちしていますよ。

コメント:0 トラックバック:0

2006/05/25(木) 23:33 いわゆるただの日記
メスアップ
23日(火)

粉末状試薬を溶かす時にメスアップしなかったので作りたかった濃度より薄くなってしまった。

試薬をさらに加えて濃度を合わせるわけだが、厳密にやりたかったので次に必要になる試薬の重量と微小体積増加量の方程式をいろいろ間違えながら30分くらいかけて作った。

P060523_1647.jpg


のに

最後に分子量をかけるのを忘れていて結局間違った。。。


コメント:0 トラックバック:0

2006/05/25(木) 23:19 いわゆるただの日記
屋根の上のチェリスト
22日(月)

定演の打ち上げが朝まであろうが研究室は朝からある。
データセミナーも勉強会も。

午後からは実験をしたんだけどチェロ弾きてえなぁとか思いながら実験していて、泳動中の時間にまたA館の屋上に行ったらイスを発見しまって。
昨日の打ち上げから直で着てるのでチェロもあったのでこっそり屋上で弾いてみた。
屋根の上のチェリスト。

風が心地よかった。

P060522_1802.jpg


コメント:2 トラックバック:0

2006/05/24(水) 17:28 いわゆるただの日記
90回定期演奏会
21日(日)

当日のリハは、黙って一曲まるまる通す(時間いっぱいまで何度も)今までの先生のやり方から変わって、いろんな箇所を随時止めてっていう普通のやり方だった。


今日の先生は学生トレーナーに振らせて、自分は客席で聞いて指示を出す。客席から聞こえる音から微調整するんだとか。

客席に着いた早々

「暗い。スコアが見えないから客席照明の出力をあと20%上げて」

って出力数まで指定の細かさ。

そしてかわいそうな事にクラのけい君は「僕が手を挙げたらオーケストラを止めて」と先生に言われてオーケストラ止め役をやらされていた。
結局先生は自分で手を叩いていたのでけい君の意味あんま無かったけど。
それでも先生が手を叩いてからけい君が手を叩くまで数秒でも遅れると「おそーい。僕が止めようとしたらすぐ止めなさいよ。その数秒がもったいないんだから」
と、また細かい。

そんな細か過ぎるところのある変わった先生だけど本当にすげぇ指揮者で、今日は曲を止めるたびに先生の口からすごくためになる言葉の数々が飛び出てきてみんな感激しただろう。
それと同時に、そんないい事言ってくれるならこんな本番当日じゃなくて今までに何度もあった来団の時に言っておいてよ、とも思っただろうな、みんな。


本番は、直前のリハであまりに多くのことを言われたのでできるかなぁとか思っていたんだけど、意外とちゃんと覚えていて直前に一回だけ言われただけの事でも意識して弾いていた。
本番で興奮していても頭のどこかにいろいろ考える余裕ができていて自分も大人になったなぁと少し嬉しかった。

いい緊張感と興奮と歓喜となんだかいろいろ入り混じったいい空気の演奏会で弾いた後もとてもいい気持ちだった。
アンコールのアンコールも綺麗にきまったしね。
すがすがしい気持ちで終われてよかった。


コメント:0 トラックバック:0

2006/05/21(日) 01:20 いわゆるただの日記
CL決勝
17日(水)

バイトから帰ってきてメシ食って、深夜のCL決勝戦バルサvsアーセナルに備えてすぐに寝た。
起きれるか心配だったけど意外と起きれた。

バルサは攻撃力が強いチームで、アーセナルは普段は攻撃力もあるチームだけど、このリーグでは2失点しかしてないらしくて守備が注目されていた。

始まるときに実況の人がそのことを表現するのに
「貫けないものはない矛と決して貫かれることのない盾が出会う時が来ました」みたいなことを言っていて、あぁうまいな、と思ったんだが、きっと頭の中のいろんなところからネットが張られていて実況に使える言葉をあれこれ引っ張り出してくるんだろう。
さすがプロだな、とサッカーと直接関係のないところで感心したりしていた。

肝心なサッカーはさすが決勝戦、と思わせる各個人の能力の高さがキラキラ。
大事なところではもちろん、いろんななんでもないところでも。

残念ながらしっかり吟味しながら見れたのは前半の前半だけで、あとは眠気と戦いながらでしっかりはみれてない。
けどゴールシーンはどれも運良く起きててよかったよかった。

途中でけっこう長い間映像が乱れてたりしてました。

すごいと思ったのはエトーのキレのよさ。サッカーじゃなくても何でもいいけどあんなキレのある動きができるようになりたいもんだ。

期待していたハットリ先輩ロナウジーニョの魔法のようなテクニックは手堅いマークに潰されて見れなかった。

途中から誰かのブログと書いてあることがとても似ていることに気付いた。
まぁ、同じものを見たんだから仕方ない。

翌朝、1時間も寝坊して研究室へ行った。

コメント:2 トラックバック:0

2006/05/19(金) 23:25 いわゆるただの日記
初コンサート
14日(日)

ひでのり♂(つんく♂と誕生日が同じ)プロデュースにより誕生した弦楽アイドルユニット・ミッキープロジェクトの初コンサートが今日、名古屋の千種区役所で行われた。

小松一彦指揮による初公演のプログラムは

シューベルト ロザムンデ序曲

チャイコフスキー ロメオとジュリエット

ドヴォルザーク 交響曲8番×3times
        スラブ舞曲8番×3times

であった。


ミッキープロジェクトのメンバーはみなミッキーの描かれたTシャツを着ており、その構成員は


一号ひでのり

P060514_1906.jpg


二号やすのりとはミッキーの下にはいた迷彩のパンツも合わせて、詰めかけたファンを驚かせた。
ミッキーよりドナルドが好き。コラ。

二号やすのり

P060514_1638.jpg


上下が一号ひでのりとお揃い。ミッキー以外にもよく服がかぶる。
今度一緒に買い物行きましょう。


三号あゆみ

何でものってくるノリのいい奴。ひでのり♂が考えたくだらない企画にも笑顔でのってくれる。


四号まゆこ

P060514_16382.jpg


ひでのり♂は絶対裏切ると思っていたら、今日はシャツの中にミッキーのTシャツを取り入れて登場した。
表に明らかには表すことはないが、実は心の奥底に熱い情熱がみなぎる4号まゆこ。

五号めぐみ

ひでのり♂は絶対に裏切ると思っていたら案の定裏切った。
ミッキーじゃないオシャレな衣装で登場した。いつもオシャレですごい。


六号たま

ひでのり♂にミッキーのTシャツを持っていることを忘れられていた、ある意味で運のよかった6号たま。
忘れられていたので、ひでのり♂からの前日の打ち合わせメールが着なかった。よかったね。


今日は全員で集合写真を撮ろうと思ったんだけどカメラを忘れた。。。しまった。

コメント:0 トラックバック:0

2006/05/15(月) 23:45 おもった、かんがえた事
愛国心についての考察
たけしのTVタックルを見ていたら、大竹まことが割りと面白いことを言っていた。
愛国心について、愛するという行為もその対象となる国というのも抽象的だということだ。
言われてみれば愛国心と漢字で書くと「愛」も「国」も「心」もみな抽象的な言葉に思える。

番組には外国人と日本人のタレントが出ていて、戦後の教育で日本は愛国心を失った。
ってういか、日本を愛する心は持っているが日本のどこを愛すればいいのかを見つけられない。
みたいなまとめで終わっていた。


そこで僕は自分の愛国心について考えたが、やっぱりそういう気持ちは自分には無いと思った。
無いというか、正確に言うと、他の外国人にくらべて確実に薄いと思う。

例えば今は僕はオーケストラをやっているけど「フィンランディア」とか「我が祖国」とか「1812年」とか愛国心むき出しの作品があるじゃないか。
でも日本の文学も音楽やその他の芸能も何とか心中みたいな男女の色情とか、家族愛の話とか、そんなのが多いような気がする。


外国人というのは何であんなに祖国に対する気持ちが熱いのだろうと考えたら、やっぱりどこの国でも陸に国境がある事が多いのがその理由だろうという結論に達した。ありがちな結論だが。
歴史の中に常に「侵略」という言葉が付きまとった。
「愛」には「守る」ことが必要なんではないだろうか?
守らなくても愛することはできるんだろうけど、きっと守っていないと次第に愛している意識がなくなってくるんじゃないだろうか?
その結果、僕のような特に愛している意識のない国民が生まれるんだ。

うん、そうだ。きっとそうだ。
「守る」という刺激が入ることで「愛」を再認識できるんだ。
しかし、守るためには危機にさらされなければならないわけで、愛する大切なものを危険な目にあわせないと愛している意識を持続できないというのはなんとも皮肉な話だ。


そこで、日本人のような島国の人間が愛国心とどう向き合っていけばよいかということについて考えた。
結果を先に言うと、それは「日本人は無理に日本を愛さなくていい。」ということになった。
その考えに至ったプロセスを述べよう。

世界を視野に考えれば陸に国境がある国が大多数だ。
大多数の考え方がグローバルスタンダードになるのは仕方のないこと。
そうなると強い愛国心があるのが当たり前で、そういう強い愛があることこそがその国の国民としての道理であり正義。
という風になってしまう。
僕は日本がどうも、このグローバルスタンダードについていけない事で余分な焦りを感じているんではないかと思う。
世界のみんなは祖国を愛しているのに僕らはそんなに愛してないではないか。これは問題だ、もっと日本を愛さなきゃ、でも実際そんなに意識できないなぁ、やっぱ僕らはダメな国民なんだろうか、戦後の教育が間違っていたんだろうか。
みたいな焦燥感に駆られるわけだ。きっと。


だが、安心したまえ日本人。
僕が思うに、国を愛するということは、その国に染まっていればそれでいいのだ。その国らしければそれでいいのだ。
日本は四方を海に囲まれた地理的条件ゆえに歴史的に「守る」意識の無い風土が培われてきたのだ。
もしも日本を本当に愛するのなら、なぜその独自の風土に誇りを持たないのか。
愛国心こそが正しい国民の姿であるとする、ある意味で勝手なグローバルスタンダードになぜ立ち向かわない。
だから無理して愛そうとしなくていいのだ。それが日本人の姿なのだ。


本当に日本を愛するなら、その日本スタイルを貫け。

という結論に至った。

コメント:0 トラックバック:0

2006/05/09(火) 23:33 ひでのりの栄養
生命のhidenoriです
僕の属する理学部は化学科・物理学科・数理学科・生命理学科・地球惑星科学科の5学科があるんだ。

僕は地球惑星科学科の人が自己紹介をするところが大好きだ。

「どうも。地球の~~です。」

と言うのがいつ聞いてもなんか面白い。長いのでたいていは「地球」と略されるんだ。
なんだか月にも火星にも人が住んでいるのが当たり前になってる未来の時代にタイムスリップしたみたいで。

こんな自己紹介の後には、例えば、

「あー、地球の出身ですかぁ。いいですねぇ、酸素が多くて。僕も幼い頃までは地球だったんですよ。今はもう月に越してから長いですからね、もうあの重力には戻れないと思いますけどねー。」

みたいな会話が続きそうだ。

あと他には、例えばなんかの説明会とかで地球惑星科学科の人が自分の専門じゃないことについて説明しなきゃならない時の
「僕は地球の人間なんで細かいことはわからないですが」
という前置とか。


好きだなぁ。



コメント:2 トラックバック:0

2006/05/09(火) 23:27 おもった、かんがえた事
ロボットの話
こないだ一号と話したロボットの話をしよう。

20万も30万もするようなマッサージチェアってあるじゃないか。
でもあれはどうも気持ちよくなくて、やっぱり人間の手がいいねという話を一号としていて、一号が

「人型ロボットが介護に応用できるように開発されてるけど、まず先にマッサージに応用すればいいのに」

と言ったので

僕は「将棋を相手してくれるロボットがいいなぁ」
それから、トランプもやってくれのがいいなぁ、オセロもいいなぁ
とか言ったことからなかなか面白いロボット談義に発展した。


そんなにいっぱいのロボットが一体一体いたら大変だから、ロボットは本体を一台だけ買って、あとは自分がやってほしい機能をソフトとしてインストールできるようにしよう。ということになった。

だからマッサージしてほしかったらロボット本体とマッサージソフトを買えばいいのだ。
料理してほしかったら料理ソフトを。
女性の一人暮らしには警備ソフトを。
引越しを転々として育った人には幼なじみソフト。
ちょっとそれとってソフト。
この味どうかしら?ソフト。
時にはしくじる事もあり、ちょっぴり悲しいときもあるソフト。 
えーっと、それからそれから、考え出すとキリがない。

もしもマッサージソフトが要らない人がいたら指が柔らかくないロボ本体でいいし、マッサージソフトが要る人は指が柔らかいロボを買わなきゃいけなくなるしその辺はどうしよう?という話になって。

ロボ本体はみんな最初は指が硬くて、マッサージソフトを「柔らかフィンガー付属」で販売すればいいんじゃないかということになった。

そうなると、夜のお相手のアダルトソフトにはいろんな柔らかボディーパーツを付属しなきゃいけなくなってかなり高価格になりそうだ。


僕の場合はとりあえず、マッサージソフトと金縛り救助ソフトがあればかなり快適な暮らしになるかな。

みんなはどんなソフトが欲しいかな?

コメント:0 トラックバック:0

2006/05/09(火) 13:25 ひでのりの栄養
竹原慎二のボコボコ相談室
みんな多くの悩みを抱えているだろう。
俺だってそうだ。


そんな時は強力パンチで自分も悩みも一緒に粉々にされてしまえばいい。
粉々になった悩みは粉々だけに小っさく見えるもんだよ。


竹原慎二のボコボコ相談室

リンクはROUND.6ですが、今現在、ROUND.1~7まであります。
他のROUNDも見たい人は自分で探して。
ちょっと元気になれるかな。

コメント:0 トラックバック:0

2006/05/08(月) 23:55 ひでのりの心配事・不平・不満
3塁のことかよっ!?
理学部の研究室間で争うソフトボール大会があるんだ。
野球のルールがまったくわからない僕もでるわけで、僕の野球の知らなさを知ってる人ならこれがどれだけ大変なことなのかわかるだろう。

こないだ少し勉強しようと思って、僕は守備は3塁を守ることになったのだが、解説が3塁の事をサードベースがどうのこうのと中途半端に英語で言うので、普段はオーケストラでファーストバイオリン・セカンドバイオリンという言葉をよく耳にする僕は、何でいきなりオーケストラの話をするんだよっ!?
しかも「サードベース」ってベースが3部に分かれるような曲ってどんなんだよ!?
ベースがファーストとセカンドに分かれるのすら聞いたことねーし!
とか思っていて、ドクターの黒羽さんに「3塁のことだろ」って言われてやっと気付いた。

ということでサードベースのチェロ弾きは頑張りたいと思います。
大丈夫かな、、、。

コメント:2 トラックバック:0

2006/05/08(月) 23:06 いわゆるただの日記
新歓合宿レビュー
合宿を振り返ります。

P060505_1217.jpg


ホームまで来てみたが、俺一人。

今までトラックを運転していったり、乗せてもらったりしていたので電車での行き方がわからない・・・。
駅まで行けば誰かいるだろうと他力本願で駅まで来たけど遅れたみたいで誰もいない・・・。
遅れた理由が合宿でいない間のしーちゃんが出る番組の録画予約をしたりビデオテープを買いに行ったりしていたからなので優香子になんて言い訳しようと考えてソワソワしていたらタネ君が現れた。
タネ君の力でなんとか電車に乗って上野間へ行くことができた。

P060505_1844.jpg


上野間の夕焼け。

綺麗だった。が、とてもウンコ臭かった。下水が通ってたから?
イカリ先輩と、夕日が綺麗だとか、海に反射して色のついた水が綺麗だとか、ウンコ臭いとかいう話をしていたら、ちょっと話題がそれて面白い話を聞いてしまった。
だーれかさんが何か勘違いしているようだけど、別に実害が無いし面白いので放っておこう。

P060505_2253.jpg


夜のコンビニ。

潮干狩りシーズンなのでこの辺のコンビにでは潮干狩りグッズが売っているようだ。
超デカイ麦藁帽で写メ。
何だかバカンス気分になれた。
パッと見ると、南米のアンデス周辺の民族がかぶってる帽子にも見える。
リャマやアルパカに乗ってとうもろこし食いながらコンドルが飛んでるのでも見上げれば最高だ。
合宿に来てるだけなのに何だか観光気分になれてよかった。
せっかくのGWだもんね。

P060506_1752.jpg


しゅういちろが部屋に干してた。

小さいタオルをかけた上にバスタオルをはおわせた物。
なんかエレガンスっぽい服装みたいで
「タミーが着てそうじゃない?」と言ったらみんな同意してくれた。
この部屋に戻るたびにタミーがいるようでなんだか心が温まった。
タミーのダミーとか言って喜んでいた。
この合宿で4年の男に4年目にしてやっと一体感のようなものが生まれてなんだかとても心地よかった。


P060507_1655.jpg


最終日。

やっと開放された。
この合宿の最終日は僕にとっては合宿というもの自体の本当の意味での最終日。
最後の(上)野間を車窓から撮った。雨だった。
たくさんの思い出がいっぱいの土地になったな。
どでかバーとか。


P060507_1847.jpg


合宿でGWを失ったので充実したGWになるかどうかは帰ってから夜まででどれだけ巻き返せるかに依っているだ。
ということを課長君に力説して、友達に帰ってからカラオケ行こうと誘ったら用事があると断られた(T_T)
でっかいパフェを食べにキャッツカフェに行こうと思ったら着く頃にはラストオーダーぎりぎりの時間だったのでやめた。
結局家で、夕飯に使った卵を中の薄い膜が破れないように殻だけむくのに挑戦していた。
結局、30%くらいのところで膜に傷がついてしまって白身が出てきた。
僕のGWは充実していただろうか。
オケ人ならそれを問うのはやめておこう。
最後が卵の殻割って。。。


コメント:0 トラックバック:0

2006/05/04(木) 11:31 ひでのりの栄養
ガトーショコラ
こないだ早く帰って来れた時に、前から作ろう作ろうと思っていたガトーショコラを作った。

メレンゲ作りは初めてで難しいと聞いていたし不安だったんだけど、案ずるよりも何とやら、意外と簡単に泡だってそれらしくなった。

ただ、

どこがゴールかわからない..σ(・・?)

いつまで泡立ててりゃいいのか?
柔らかすぎるのもダメというし固すぎもダメというし。

わからなかったので梅子にヘルプ

ひ「あ、もしもし、今メレンゲ作ってるんだけどさー、ゴールどこ?」

って。いきなり過ぎて最初は梅子は状況を理解できてないようだった。

この電話で面白かったことがあるんだ。
話してるうちに角の立ち具合の話になって、うまく説明できなくて困っていて、何か二人ともが共に知っている例えやすいものはと考えて思いついたのが

ひ「あっ、そうだ。俺の髪型あるじゃん。あのトップの毛の立ち具合ぐらい。」

「あっ、それだけ立ってたらもう十分です」

っていう梅子の返しが笑えすぎた。それだけ立ってたら十分って、、、(^.^;
立たせすぎですかね(反省)

最終的にはとてもうまくいきました。大成功といっていいでしょう。

SANY0224small.jpg



自分で作ったお菓子を、昔自分で作った絵皿の上に載せた。


翌日に研究室へも持っていたのですが、立松姉さまが大喜びしていて「これならお店に出してもいけるよ、A館で商売始めなよ」とありがたいお言葉を頂いた(自慢)
まぁ実際本当に美味しかったのでしかたない。

コメント:2 トラックバック:0

2006/05/03(水) 05:03 ひでのりの栄養
ハイパーバス
ハイパーバスってのは、うちの近くのスーパー銭湯「喜多の湯」の中で俺が好きなジェットバスのこと。


壁にとりつけられた噴出口から出てくる水流がものすごいの、ハンパない。
ふんばってないと飛んでっちゃうもん。


吹っ飛ばされないように噴出口の近くに掴める棒があるんだけどそれ掴むとそこだけでつなぎとめられて、こいのぼりみたいになるんだ。

20060503051413.jpg


この激流に身を委ねるのがなんとも気持ちがいいのだ。
もう5月だし、季節を意識してまたこいのぼりになってこようかな。

コメント:3 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。