hidelog Z
2006/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2006/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006/06/29(木) 14:51 いわゆるただの日記
槇野との再会
高校の友達のマキノが名古屋に帰ってきていたので久々に会った。
服にこだわりのある人なので何を着て行こうかとめちゃめちゃ迷って家を出た。
もうその迷い片といったらない。
初デートをする思春期の女の子にも負けないくらい迷った。

僕は昼飯がまだで、槇野は府中のスタバが好物なので矢場町のスタバへ入った。けどやっぱ府中じゃなきゃダメらしいです。
しょっぱなから真剣トークで就活のこととか話した。
話しててわかったんだけど僕も槇野も「最終的に物になるとこまで自分が関わっていたい」というのが強くあるみたい。
槇野がこれからどうなっていくのか楽しみだな。
自分も負けてられない(>_<)


と、ここで、今までずっと槇野に言ってこなかった事実を告白。
別にたいしたことじゃないんだけどね。
槇野とはよく美術館行ったりしてたんだけど、いつも槇野は僕がなんとも思わない作品を見て「うわぁ、これすげー。」って感動してて、きっと僕には無い感性をもってるんだろうなぁ、うらやましいなぁ。
とよく思ってたの。
美術だけに限らずなんでもそう、僕が理解できないものをいつも理解してたように思えて、それがとっても悔しかったんだ。

って本人に言ってみたらめちゃめちゃ驚いてた。
「俺も理解なんかしてなくてテキトーに言ってるだけだよ。」って言ってた。
なんかいつも感じてた槇野と僕の間にある優・劣という関係が少し砕けたように感じた。


大須へ行ったらALL390円という僕が大好きそうなビックリ価格系の店があったので飛びついてしまった。
チェックのかわいいベルトを買いました。


そのあと歩いてたら二人で顔見合わせて思わず

出たーー!!

って、大喜び。
何が出現したかと言うとコレ。

20060708195925.jpg



高校の頃によく二人で大須へ来ると、いつも気になってたインド料理の屋台があって、「サモサ」とか「ロティ」とか他文化の全く知らない具合が面白くて(決してインド文化をバカにしているのではない)見るだけで爆笑してて勇気が無くて買えなかったんだけど。

今日は買ったんだが、けっこう美味しかった。
屋台のおっちゃんは100円まけてくれた。


僕も槇野も服が好きなので大須楽しかったな。
僕は槇野ほどじゃないけどね。槇野の服好きはなんか「服好き」とか表現する次元じゃないからね。

その後も大須・矢場町・栄周辺を練り歩いてマジ疲れたけど超楽しかった。
クラスメイトの名前思い出し大会とかね。
あとは、まったくの偶然なんだけど槇野も大学オケでチェロやってるからオケの話になって、楽器別性格の話も面白かったね。
こっちのオケでも見事に一致するの。
槇「チェロは誠実」
英「あー、ね。こっちもそう。もう真面目真面目」
槇「で、バイオリンの女子は☆☆☆☆だよね」
英「あーわかるそれ。☆☆☆☆ね。」

って感じで、トロンボーン以外は全部一致した。やっぱなんか因果があるのかなー。
☆は秘密ね。


東京には「宮本むなし」が無いらしくて、初めてむなしを見た槇野は驚いてネーミングの意味わかんなさと店のキャラクターのかわいさをとても気に入ってたようだった。
記念に写真を撮るとか言い出して、むなしが常識な名古屋人から冷ややかな目で見られながら、僕も外から来た人間ぶって観光気分で二人で撮った。

20060708195735.jpg



せっかく名古屋なので夕飯は矢場とんで。
並んでたら「こちらの2名様、3階へおあがりください。」と何故か3回も繰り返して言われ、何で3回言った?って思いながら3階へ移動して並んで待ってて
「あー、今からここのどこかのテーブルが空いてそこで食べることになるんだろうなぁ。」と思っていたら

「あっ、2名様?下が空いたので2階へ移動してください。」と言われ何だかうっとうしかった。
こっちは3階へ行けって3回も言われて来てんのに!
べつにちょっと待つくらいいいから3階でいいよ!移動の方がめんどいよ!
何よりも3階で待ってるときに3階のどこかのテーブルに着くことになる自分の近い未来を想像していたので、その想像と全く違うところへ移ったのがイメージと合わなくていやだったんだろう、たぶん。論理的に解説するとそういうことだ、そういう苛立ちだ。

20060708194731.jpg


他にも隣のテーブルの、ここの常連ぶりたい男とかうっとうしことはあったけど、とんかつ自体はうまかった。味噌が味わい深いのに胃には重くないというのが美味しさの秘密だろうと思う。すげー。

食べた後、脚の疲労が限界で地下鉄まで行けるか行けないかのぎりぎりだった。懇親の力を振り絞り帰宅。
また名古屋に帰ってきたら遊びたいな。っていうかこっちが東京行きたい。

そういえば名古屋はフラフラしてる奴が多いそうだ。
どこか行き先が決まってるでもなくて道の脇にいる人間が東京よりも多いんだって。どうでもいいけどね。


スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2006/06/28(水) 02:28 いわゆるただの日記
遊びに行こっ!!
21日(水)

パー練へ遊びに行った。
何をするでもなく本当に純粋に遊びに行った。
僕がドアを開けたらパッと表情が明るくなる子が何人もいて嬉しかったなぁ。
最後にみんなに会ったのが90thの5/21だから、ほとんどの人がちょうど1ヶ月ぶりだ。


今日のためにきのう作ったティラミスを持っていったらげんちゃんに
「ホントに遊ぶ気まんまんじゃん」って言われた(痛)


パー練はちょっとだけ見ていたんですが、なんだかプレゼンテーション能力とかが鍛わりそうなパー練だった。
自分の意見をはっきり言う練習になるね。
こうしていくうちにいつかはあっちこっちから活発なディスカッションが飛び交うパー練になるといいですね。


その後は一年生のゆきちゃんの練習を見ることになりました。
本当に純粋に遊びに行っただけだからそんなつもりは無かったんだけど、いざやりだすと自分のノンストップぶりに自分でビックリしました。

「じゃあとりあえず弾いてみて」

とか言ってちょっと聞いたらすぐとめて
今のはあれがあーだこーだあーだこーだって話が止まらん止まらん。

僕は自分がそうだったのでよくわかってるんだけど、初心者で始めた一年生のこの時期なんてのは理屈をウダウダ聞かされるよりたくさん弾く方が練習になるんだ。
昔は話しばっかで全然弾かせてくれない先輩の言葉とか聞いてても「もうわかったから弾かせてくれよー」って思ったもんだ。


にも関わらず、逆の立場になるとわかってても話って止んないのね。
自分の話のノンストップっぷりが少しイヤになった。

特に名大オケの人間の特徴なのか知らないけどいわゆる「ベートーベンのとばし」ってやつにはこだわりを持っていて話しだすと止まらん。
運命の1楽章を見ていたんだけど、もうあんなのアレのオンパレードじゃんか。

やっぱ「ベートーベンのとばし」には自分が長い間向き合ってきて取り組んできた分だけ思いいれもあって、それをなんとか伝えたいんだけど言葉にうまくできなくて、それを聞いた後輩は混乱して、結局自分で試行錯誤しながら形にしていき、自分が先輩になったときに同じように言葉にするんだけど言葉にならず後輩を混乱させ・・・

という世代をまたいでの無限ループを繰り返してるんじゃないかなぁ、「ベートーベンのとばし」って。
でも、それが名大オケの伝統なんだろうなぁ。
とかしみじみ思ってみた。


終わってからティラミスの準備に大忙し。
みんな美味しそうに食べていて、その表情にまたやられた。
ホントに後輩って言うのは目に入れても痛くないほどかわいいんだな。

また今度時間に余裕があったら遊びに行くからね!
あっ、そのときもまた何かお菓子作っていくね!!


コメント:0 トラックバック:0

2006/06/27(火) 23:30 いわゆるただの日記
本部とバトル×成績向上委員会@ミスド
僕の今のバイト先の塾は給料の明細書がとてもいい加減で、読んでも何の明細もわからなくてとても不透明なのでそのことについて文句を言ったら、本部に言ってくれと言われたので本部に電話することになった。

僕が黒川支部のその人とその話しをしていたら同じことを思っていた刈谷先生がそこへやってきて刈谷先生と二人で本部に電話して文句を言うことになった。

本部に電話をかけたのは刈谷先生で、僕はその様子を見ていたんだけど、見ていると刈谷先生の受話器を持つ腕が小刻みにガタガタ震えてるの!

「うわぁ、この人めっちゃ怒ってるなぁ」とか思ってみていたら電話を切った刈谷先生は

「なんか感じ悪いですね、この本部の人」って。

「何言われたの?」って聞いたら

「もうケンカごしでキレてて、『何がわからんのか言えって言ってんだろっ、おい。』みたいなことを言われた」

って言ってて、想像以上のバトルが繰り広げられていたようでビックリした。
っていうかよく刈谷先生キレなかったな。


もし僕がその電話のやりとりをしていたら
「おい、お前そこの本部にいろよ。今から行くからなっ」って言ってホントに本部に殴りこみに行ってるとこだ。
アルバイトだと思ってナメてたらマジ殺すぞあほ。

結局そのあと本部から「さっきは失礼しました」と電話がかかってきて僕らのもっと細かい詳細がわかる明細書を送ってくれという要求は約束された。勝ったぜ!
まったく大人の対応ができないアホに幹部に居座られるというのは困ったもんだ。


そのあとは一緒に戦ったことで刈谷先生と友情が芽生えて、同じ生徒をみていることもあって、これからのその子の方針というか戦略を相談するためにミスドで会議をした。
僕ら二人の方針でくい違ってたとこを統一できたし、打開策も一応練られたのでよかった。

新しい友情が芽生えてよかった。

コメント:0 トラックバック:0

2006/06/27(火) 23:01 いわゆるただの日記
またホタル~ホタル編~
小幡緑地のホタルは名古屋市内だというのにこないだ行った西尾のゲンジボタルの里と同じくらいいて驚いた。

たまちゃんがホタルと交信するとか言ってケータイの光をホタルに合わせてパカパカしててかわい過ぎました。
そしてたまちゃんはホタルに近づくべく真っ暗で足元がぬちゃぬちゃしているにも関わらず勇敢にも茂みの奥のほうへどんどん突き進んでいって僕とめぐは顔を見合わせて「・・・どうしよう?」って、ちょっと困った。
意外とワイルドな子なんだね、たまちゃんって。


その前のお好み焼き屋でたまちゃんがいない時にめぐに

「オケを離れてからもこうやって休日に遊びにつれてってって言ってくれる後輩の子ってかわいいよねぇ。なんかその子の中ではまだ自分は忘れられてないんだなぁってわかるもんね。だいたいせっかくTUTTIがない休日なのにだよ?そんな貴重な休みを一緒にいたいって言ってくれるなんてねー」

というようなことを言ったら、めぐが「うん。そうだよねー。もう感動して泣きそうになるからあんまり言わないで。」

みたいな事を言っていたので、帰りにたまちゃんを降ろしてめぐの家に向かう道で面白がってまた同じようなことを言ったらまた泣きそうになっててかわいかった。


今日は2人も美少女と過ごせておじさんは大変満足でしたよ。

コメント:0 トラックバック:0

2006/06/20(火) 13:03 いわゆるただの日記
またホタル~鉄板焼編~
こないだ蛍を見に行ったばかりだというのに、一週間後にまた見に行く事になった。

玉ちゃんが行きたいって言うからさ。
あんなかわいい後輩に連れてってって頼まれちゃあ仕方ない。
めぐと3人で行く事になった。


いろいろ蛍スポットを調べた結果、名古屋市内で見れるところ発見しますた。小幡緑地。
運転嫌いな僕としては名古屋市内で即決です。


市内だけにすぐ着いたので、暗くなるまで飯食ってました。お好み焼き~
自分たちで作るのでワイワイやれてなかなか面よかった。

僕の頼んだ広島焼きは、メグと玉ちゃんの混ぜて焼いてひっくり返して両面焼くだけのやつに比べて作り方がより複雑で難しかった。
作り方は

クレープみたいなのを焼く
 ↓
クレープにキャベツともやしをのせる
 ↓
クレープに肉ものせる
 ↓
それと同時進行で焼きそばを作る
 ↓
野菜と肉が乗ってるクレープを持ち上げて焼きそばの上にひっくり返して乗っける
 ↓
目玉焼きを作る
 ↓
焼きそばの上に乗ってる、野菜と肉が乗ってるクレープを持ち上げて目玉焼きの上にのせる
 ↓
目玉焼きの上の焼きそばの上の野菜と肉が乗ってるクレープを全部丸ごとひっくり返して完成


という、言葉で説明するとたくさん関係代名詞みたいなのが出てきて(わざとそうしたんだが)複雑になる非常にややこしい手順を踏まなければならないのだ。

どんどん崩壊していく僕の広島焼きがとても楽しかった。
3人で見た目勝負をしたら、途中途中で順位の入れ替えがあったりしてなかなか見応えのあるレースだった。
最終的には、良くも悪くもない中間を保っていためぐのが一番奇麗にできて、次はずっと崩壊していた僕がなんとか立て直して2位、最初からずっと奇麗な見た目を保って首位独走かと思われた玉ちゃんが最後、円形のお好み焼きを扇形にカットしたところで崩れて3位

という波乱に満ちたレース展開だった。

100_0125.JPGsmall.jpg


これが「hidenori特製崩壊風広島焼き」味はうまい。


コメント:0 トラックバック:0

2006/06/11(日) 23:59 いわゆるただの日記
ほたる×肝試し×サッカー
6月9日(金)

裏の家に住んでいる友達のメガジェットしげしげから、うちの郵便物が間違って届いたから取りにきてってメールが来たので夜の12時ごろに行って、話してたらその場のノリでどっか行こうってことになってしまった。
この日は野球見に行ってたのに帰ってからそれかよ。まじハードだ(>_<)
メガジェット遊ぶ時っていつもこうなんだなぁ。
事前からいついつの何時から会おうねって約束して会ったことなんてあったかなぁ?5年前くらいに一回あったかなぁ?って感じだ。

そして結局ホタルを見に行くことになって1時ごろに出発しました。
車内はホタルにかけて僕の紅音ほたる(A○女優)や節子と兄ちゃん(ホタルの墓)のモノマネで盛り上がった(?)

おかあちゃんのお米やー

20060617175040.jpg


ほたるが気持ちよくしてあげるな(関西弁)
20060617175218.jpg



などと。


途中で迷ってミニストップで地図を広げて作戦会議。
大袈裟だけど目標を目指して協力して困難に立ち向かう感じがとてもいい。
P060610_0235.jpg


3時ごろに西尾市のゲンジボタルの里に到着。
超ド田舎で真っ暗だ。

ホタルはけっこういてまぁ綺麗は綺麗だったんだけど、それよりも空の星の方に感動してしまった。
名古屋とは全然違うんだもんなぁ。

そして平原の滝って言う滝が近くにあったのでそこへも行った。

メガジェットは根がビビリで、中学時代の林間学校で肝試しでペアになったときに僕がうっかりちょうちんの明かりを消してしまって真っ暗にしてしまったら

「きゃ~~!!!!明かりが消えたよっ!明かりが消えたよっ!暗いよ怖いよ」
って大騒ぎして僕にしがみついて僕を引っ張りまわして、大騒ぎしてるから自分の声しか聞こえてなくてお化け役の実行委員の子が脅かしたりしてるのにまったく気付いてない。
なんていう事があったのを思い出した。

滝へ行く途中に幽霊でも出てきそうな真っ暗な山道があったので、僕がテキトーにお経みたいなのをぶつぶつ唱えだしたら本気で怖がってて笑えた。
やっぱりそこはまだ変わってないんだね。かわいいやつだ。

そんで着いてわかったけど、夜の滝ほどつまらんものは無いね。
ゴオーーって滝ならまだしも、そこはジョボボボって感じで、水の筋は真っ暗だから見えなくて音だけなので、数人が一斉に立ちションしてるとしか思えなかった。

んで名古屋に帰ったら朝だったので、5時ごろから1時間ほど名城公園でサッカーして、6時ごろに味鋺に到着・解散。
100_0377.JPGsmall.jpg



昼まで眠りこけましたとさ。

コメント:7 トラックバック:0

2006/06/11(日) 00:01 いわゆるただの日記
燃えよドラゴンズ
6月9日(金)もう一週間前の日記じゃん(>_<)

ナゴヤドームへ中日VS日ハムの試合を見に行ってきたぜー。黒羽氏と後藤田のアニキと。
新庄が野球やめるらしいから新庄みたいなぁと思っていて、ラボの人と遊んだ事無いから遊び誘おうかなぁとも思っていて、その2つを同時に満たす妙案を思いついたわけだ。

着くとユニフォームみたいなTシャツ着た人がいっぱい。
FUKUDOMEとかTATSUNAMIとかIBATAとか多かったけど、俺は同朋としてはやっぱりHIDENORIのが欲しかったんだがドラゴンズショップに行っても無かったよ。。。

100_0351.jpg


HIDENORIの打った瞬間。


野球のルールを知らないとか言われるけどゲームは十分わかったし楽しめた。
最初は「HIDENORIがここまで打ってきたボールをhidenoriが捕る」とか言ってたけどHIDENORIはそんな特大アーチは打ってくれなかった。
最後なんかバントしようとしてたもんなぁ。負けてたから確実に1点取ろうと考えたんだろう。もっとドカーンとやれよHIDENORI、なんかセコいよHIDENORI、だからシャツが売られてないんだよHIDENORI

結局福留が満塁の時にヒットを出して逆転、9回表を守りきって勝ちました。さすがシャツが多いだけの事はある。
最後めっちゃ盛り上がって楽しかったなー。野球も面白いもんだ。

100_0358.JPGsmall.jpg


SHINJOはいいとこ無しだったな。写真はグローブ頭にかぶって近くの人と話し合ってたところ。ちっさいしブレてて誰だかわからんけど。

けど一番笑えたのは、チアガールだ。
試合の途中途中にグラウンドに出てきて球場を盛り上げるチアガール。
席が遠かったので大画面の方を見てたら、、、立松さんにそっくりなチアガールが。
似てるとか言うレベルじゃなくて本人そのものだったから唖然として何も言葉を発せずにいたら隣の黒羽氏が

黒「今のさぁ、、、」

っていうから、もう次に何言うかわかって

「立松さんに似てる!!」

僕が次の言葉を言ってしまった。
もう37の彼女だけど、めっちゃミニスカートで、なんかビニールのマリモみたいなやつ持って踊ってたよ。
夜はドームでチアガールのバイトって、どんな研究補助員だよ!?

100_0363.JPGsmall.jpg


この中にめっちゃ立松さんに似てる人がいる。
マジ笑った。

コメント:2 トラックバック:0

2006/06/09(金) 13:47 いわゆるただの日記
ぷちデート(*^ー^)
僕は実験などの実技は主に研究補助員の立松さんに教えてもらっていて、
その人が綺麗で、頭よくて、仕事もできて、話が合う。
僕の大好きなお姉さまなんだ。毎日会えるのが幸せ(*^ー^)しかも最近毎日一緒に帰ってる。

今週は旦那さんが出張でずっといないらしいので、こないだ夕飯誘ったんだ。
旦那さんの陰に隠れて人妻とデートだぜ!!最高に興奮する。

実験後に一緒に帰って、それから車で立松さんの家までお迎えに。
お互い家を知ってる仲なんだぜ!すげぇ仲いいんだぜ!
春日井の五右衛門でディナーした。

就職よりも大学院進学を選んだ僕の熱い意思をぶつけた。
立松さんも今の仕事に対する思いを熱く語ってくれた。
めっちゃ熱い会話のテーブルで隣のテーブルの人は引いてたかも・・・


そのあとは夜の公園で立松さんのためだけにチェロを弾いたげた。
誰かのためにその人の前で弾くのは初めてで、パー練の一人弾きや分奏のプルト弾きとはケタ違いの緊張でドキドキでしたが、弾き終わると感動して涙まで流してくれていた。
そんな姿にこっちの方が感動してしまったが。

弾いてる姿見たらドキドキしちゃった。カッコよかった。

って言われたぜ。しばらくこの言葉を支えに生きていけそうだ。


いっぱい楽しい話もできたし、短い時間だったけどホント思い出になった。普通にデートだったもんなぁ。

コメント:0 トラックバック:0

2006/06/09(金) 00:15 いわゆるただの日記
指定バトン
◆最近思う 『荒川静香』

アマチュアの競技人生にピリオドを打ち、ショーで魅せるプロスケーターの道を歩み始めたしーちゃん。

に、


アマチュアオケ人生にピリオドを打ち、ソロ活動を始めた僕。


を、

重ね合わせたりしている。
ソロ活動はめちゃめちゃ楽しいです。もっといっぱい練習したい。
今は右手からも左手からも出てくる雑音をいかになくすかの研究・実践をしています。あとA線の発音和らげ用のビブラートの研究・実践と、迫る感じの研究も。
オケの中なら消える雑音とかにもソロだと向き合わなきゃいけないし、自分=TUTTIな感じがめちゃ面白いです。
しーちゃんも新しいスケート人生を楽しんでいることでしょう。
一緒だね(*´ー`)
でも今は本業の科学者への道で精一杯だよ。

◆この『荒川静香』には感動

そりゃあ、もうトリノでしょ。
心配なジャンプをなんとか乗り切ってからはのびのびと自由で華麗で彼女らしさがにじみ出ていて。
僕には氷の上を滑っていると言うか、空中で踊っているように見える。
質量を感じさせないの。しーちゃんの滑りは。
他の人たちはジャンプにしろスパイラルにしろステップにしろ、体の重量感を感じるんだ、ぼてっとした感じ。
しーちゃんは空を舞う妖精のようだ。


 
◆直感的 『荒川静香』

「荒」とか「静」とか「金」とかいう漢字に過剰に反応してしまいます。
新聞のテレビ欄とか。
んっ、何っ!?静香!?

と思ったら亀井静香なときとかよくあります。

20060609002010.jpg



◆好きな 『荒川静香』

なんて書くと「好きじゃない荒川静香」もあるみたいじゃん。


◆こんな『荒川静香』は嫌だ

僕はどんなしーちゃんでも受け入れられる自信がありますよ。


◆この世に『荒川静香』がなかったら

僕もこの世にいなくなってるかもしれない。
というと言い過ぎですが、もしもそうなら確実に90thのステージに上がる事なくオケから消えていたでしょう。
それから科学者になるという意志も消えていたでしょう。
多くの悩みを抱える時期に光を見せてくれた恩人です。
そして未来の配偶者(予定)です。


コメント:0 トラックバック:0

2006/06/01(木) 23:55 おもった、かんがえた事
立松さんの子
もうずいぶん前のことだけど、嬉しかったことがあった。

僕は実験でしょっちゅう何か間違えるので僕の実技の教育係をしている研究補助の立松さんはいつも僕から目が放さない状態なんだけど。

その日はとてもミスが多くて夜遅くまでかかって、立松さんは帰る時間になったので帰っていたんだが、その帰り際に
「もう、一人で残していくのが心配で心配で。じゃあ黒羽さんあとは(僕の面倒)よろしくお願いします。もうわが子を置いていくような気分だわ。心配でならない」

と言っていたのだ。

僕を自分の子供のように思ってくれるなら、と。
立松さんの子供的役柄になってあげたい。


コメント:0 トラックバック:0

2006/06/01(木) 22:48 ひでのりの栄養
心得
僕は実験でのミスがあまりにも多すぎる。

ので、僕の実験台にはだいぶ前から心得が貼ってある。

P060425_1615.jpg



ここには実験道具を売りにくる営業マンやいろんな人がちょくちょく来るんだけど、初めて見た人はみな見ては笑っている。

コメント:0 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。