hidelog Z
2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/03/20(金) 04:48 いわゆるただの日記
シェリーの腎不全闘病記2
3月9日 BUN 209.9 Cre 9.4

シェリーを入院させたこの日は、自己叱責の念から心が折れそうだった。
しかし、入院にかかる費用の見込み額を聞いて、そうもしていられないと
折れた心を奮い立たせて、すぐにバイト探しをした。探しだして5分で見つ
けた仕事に問い合わせてみると、話は転がるように進み5分で面接の約束
までこぎつけた。10分の出来事だった。面接は翌日に予定した。
それから病院へシェリーの面会に行く夕方までの間、インターネットで腎
不全と闘っている他の犬や猫の日記を読んだりしていた。読めば読むほど
不安に駆られたが、僕らのもっとも考えられる未来がどのようなものになる
のか、辛いのに知ろうとしてしまい読むのを止められなかった。

夕方にシェリーの面会のため病院へ車を走らせた。
その病院の面会では犬は家族と顔を合わせることができない。犬が興奮
して治療に都合がよくないからだと院長は言う。人間だけがこっそりと覗き
見するか、病院のスタッフと同じ白衣と帽子とマスクで扮装して、通りすが
るように横目でチラッと見る程度の面会となる。
ICUの中でシェリーはおとなしくしていた。シェリーが入っているICUの扉は
透明だが、院長が言うには人間の顔の位置だと中からは背景が反射して
写りこんでよく見えないから大丈夫とのことで、思っていたより近づくことが
できた。ごめんねと心の中で謝ったら、さすがに近づきすぎたのかシェリー
に気づかれたようで、院長にもう出てってと言われそそくさと退去した。

夕方に読んだ日記からすると、腎不全で命を落とした犬や猫の多くで、
BUNは210もなく、Creも9.4もなかった。この情報から僕の中でシェリーの命が
続く期待は絶望的になっていた。しかし夕方の面会で見たシェリーは確実に生きていた。
まだ生きている。そのことがどれだけ支えになっただろうか。
シェリーは狭いICUの中で一人で闘っている。シェリーの命に絶望を感じるのは、
がんばっているシェリーに対して失礼だと思った。
だから僕は祈ることをやめてはならなかった。

スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0

シェリーの腎不全闘病記3 シェリーの腎不全闘病記1
コメント一覧
まゆ
知らなかった!
こないだの電話はそれだったんだね。
シェリーは病気がちな子だからと思ってたよ。

BUNもCREも、そんな高かったんだね。
透析してるの?ともかく退院はできたんだもんね?

シェリーが良くなることを祈ってます。
URL 【 2009/03/21 08:14 】 編集
ひでのり
> 知らなかった!
> こないだの電話はそれだったんだね。
> シェリーは病気がちな子だからと思ってたよ。
>
> BUNもCREも、そんな高かったんだね。
> 透析してるの?ともかく退院はできたんだもんね?
>
> シェリーが良くなることを祈ってます。

突然電話した時は本当は電話にでられなかったらしいけど
対応してくれてありがとね。
シェリーは今のところなんとか元気に生きているよ。
なかなか書いてる暇がないけど、僕と同じように腎不全の
ペットの日記を探してる人がこのページを見つけたら、何か
信じる力なり希望なりを与えられるかもしれないから、そん
な思いで書くことにしたんだ。
シェリーの奇跡の復活はただ僕らが喜ぶために与えられた
んじゃなくて、同じ不安を抱える人を照らすために与えられた
気がして。
というか、こんな奇跡をもらっておいて、他の人のために使わない
のがバチあたりな気がしてね。
ちょっとずつ書いていくよ。



URL 【 2009/05/02 22:12 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。