hidelog Z
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/05/02(土) 22:13 いわゆるただの日記
シェリーの腎不全闘病記3
3月10-11日

病院の面会は朝と夕方の一日に二度のペースで行くことにした。
相変わらず隠れて盗み見るような面会で、後姿しか確認することはできない。
しかし、祈ることしか出来ない僕にとって、後姿だけでも生きている事がわか
れば、それが励みになった。

3月10日
BUN=196.5 Cre=9.5
朝の面会では血液検査の結果を知らされる。
一日入院して、結果は上記のようだった。
院長は「ダメだねぇ。もっと下がると良かったけど。昨日と比べたらBUNは12.5
下がったように見えるけど、下がったと思わないで。これは誤差みたいなもんで
下がるならもっと下がってないといかん。Creも0.1上がったように見えるけど、こ
れは変わってないと思っておいて」と言っていた。
とにかくやれることはやっているのでもう一日やってみよう、ということだった。


3月11日
BUN=183.5 Cre=9.4
「下がっとらん。こんな下がり方じゃいかんのだよ。昨日言ったように、下がったなんて
言って喜ばんといてな。そんな数字じゃない。」
院長の言葉だった。
どれだけ祈っても数字に思いが通じない。
現実はこれほどまでに厳しいものなのだと、思い知らされた。
最後に院長が
「3日やってこんな程度の変化なら、、、考えなきゃいかんよ。」
と言った。
放心状態で帰って、言われたことを家族に伝えた。
みんな僕と同じ考えで一致した。
誤差みたいに小さな数でも下がっているのは、シェリーが生きよう生きようと、
一人狭い部屋に入れられながらも闘っているから。
家族に会いたいと、会うまで死ねないと闘っている。
安楽死なんて、このシェリーの頑張りを水の泡のように消してしまう事など、
できっこない。
みんな同じ考えだったのはうれしかった。


この期間で一番苦しかったのは、何もしてやれる事がなくて祈ることしか出来ない
から、思想がオカルトチックになっていくことだった。
つまり、常に神様のような仏様のような存在に向けて祈っていて、少しでも何かで
祈っていなかったり、他事を考えた時に、これで明日の血液検査の結果が悪くなる
んじゃないか、と思ってしまうのだ。
頭の中はシェリー以外のものが入る余地もないほどシェリーのことでいっぱいだ。
とはいえ、やはり普段の毎日を生活する中でやらなければならない事や考えなければ
ならない事も処理しなければならない。
そんなときに祈ってなかったりシェリーの事を思っていない時間が少しでもできたことを
自身に叱責し、そのせいで何か悪い方向へ進むのではないかと不安になるのだ。
そのように、何もやれる事がないせいで思想が宗教的になって、生活の中のあらゆる事に
ジンクスを作り、達成されないと不安になる。この思想で気が狂いそうでつらかった。


スポンサーサイト

コメント:7 トラックバック:0

シェリーの腎不全闘病記2
コメント一覧
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2009/09/15 03:40 】 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2009/09/16 03:00 】 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2012/04/20 16:30 】 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2012/04/27 06:28 】 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2012/11/08 05:13 】 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2012/11/29 06:51 】 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2013/02/07 09:44 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。